人がワニに襲われる事故は度々報じられているが、このほどインドネシアで10歳の少年がワニに襲われ、変わり果てた姿で見つかった。SNSに投稿された動画には、少年の遺体をくわえたまま、川を泳ぐワニの姿が捉えられていた。インドネシアのニュースメディア『Tribun Kalteng』などが伝えている。

インドネシアジャワ島の北に浮かぶカリマンタン島の中部カリマンタン州で現地時間25日の午前10時15分頃、メンダワイ・セベラン村を流れるアルト川で水浴びをしていたハビル君(Habil、10)が、ワニに襲われて死亡した。

ハビル君は当時、友人と川で水浴びをしていたが、突然現れた体長5メートルほどのワニに襲われてしまったという。ハビル君は友人らに助けを求めて叫んだが、すでにワニにくわえられて水中に引きずりこまれてしまい、友人らは為す術がなかったようだ。

インドネシアのニュースメディア『Tribun Kalteng』によると、現場には通報を受けて駆けつけた警察官と救助隊員がハビル君の捜索にあたり、村人たちも捜索に協力したそうだ。その後、川の水面でハビル君をくわえたまま泳ぐワニが何度か目撃され、SNSではその様子を捉えた動画が拡散された。

そして同日の午後3時14分頃、ワニは村人たちによって捕獲され、ハビル君の遺体を確認するためにワニの腹を切り裂いた。しかし、ワニの体内にハビル君の遺体はなかった。その後も遺体の捜索が続いたが、事故発生から10時間後の午後8時32分頃にハビル君の遺体が発見され、川から引き上げられた。

ちなみに『Tribun Kalteng』によると、同地域では過去10年間、ワニが人を襲うことはなかったそうだ。

地元の地域保全課(SKW II Pangkalan Bun)のデンディ・セティアディ所長(Dendi Setiadi)によると、アルト川周辺で暮らす人間による環境破壊が川の生態系に影響を及ぼし、その結果、食べるものが減ったワニが攻撃的な行動をとるようになった可能性が高いという。デンディ所長は、アルト川の生態系が破壊されないように「川の近くで家畜を飼ったり、川にゴミを捨てたりしないでください」と呼びかけており、また野生生物保護の観点から「ワニもアルト川の生態系の一部であり、この川はもともとワニの生息地だということを忘れてはなりません」と述べ、人間がワニの生息地で活動することもワニが攻撃的になる原因の1つと警鐘を鳴らした。

画像は『Tribun Kalteng 2023年11月25日付「Buaya Betina Sungai Arut Kobar Disetrum, Perutnya Dibelah Tapi Tak Ada Tubuh Habil, ini Kata BKSDA」(BKSDA SKW II Pangkalan Bun untuk Tribunkalteng.com)』『rawr 2023年11月25日付X「dapat info dari grup keluarga」「buaya berhasil ditangkap」「cuma dapet segini video proses pembelahan buayanya」』『India Today 2023年8月16日付「Caught on camera: Crocodile drags Odisha woman into river, kills her」』『WJCL 2023年7月4日付「Authorities confirm one person killed in Beaufort County alligator attack」』『The Daily Star 2023年1月25日付「Crocodile swims a mile and carries body of drowned boy to devastated family」(Image: Newsflash)』『New York Post 2022年8月19日付「Giant croc carries dead man’s body through Mexican lagoon」(CEN)』『Malay Mail 2023年7月23日付「Body of missing fisherman in Tawau found in crocodile’s stomach」(Picture via Twitter/Bernama)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト