カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 夢の国から一気にダークな現実に引き戻される驚愕の瞬間がとらえられた。

 カリフォルニア州にあるディズニーランドの「イッツ・ア・スモール・ワールド」のアトラクション中で服を脱ぎ、ほぼ全裸で動き回っていた男が出没したのだ。

 「世界はせまい、世界おなじ、世界はまるい、ただひとつ」という歌詞を考えると、夢の国も現実も表裏一体だったようだ。

 結局この男は警備員から警察官へと引き渡され男は逮捕された。

【画像】 イッツ・ア・スモールワールド内で全裸になり冒険を始めた男

Naked Man Jumps Into Disneyland Ride

 11月26日の日曜午後1時30分頃、大勢のファミリーやカップルが夢の世界を楽しんでいた中でそれは起きた。

 カリフォルニア州アナハイムにあるディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」の乗り物に乗り込んだ男が、中で服を脱ぎ捨て、そのままほぼ全裸でアトラクション内を徘徊しはじめたのだ。

1

 少なくとも4人のキャストメンバーが彼をつかまえようとしたが、彼は自分がどこで何をしているのか全くわかっていなかったようだ。

 この時、同じアトラクションにいた来園者たちは、男の様子を撮影した映像や画像を次々とSNSにアップした。

 男はその後、水路に入り、その水を飲みながらアトラクションの入り口方向に走っていったという。

アトラクションは停止され、男性を逮捕

 夢の国は騒然となり、一気にR指定の世界へと突入。

 男は青、オレンジ、ピンクの光に照らされながら、クリスマス音楽が流れる中、ほぼ裸の状態で歩き回っていたのだからたまらない。

・合わせて読みたい→指輪を差し出したその瞬間!ディズニーランドのキャストがプロポーズを台無しにした件

 ディズニーランドの職員は、状況を把握するとすぐにアトラクションを停止させた。

 警備員らは26歳のこの男を取り押さえ、公然わいせつの罪で逮捕された。

 調べによると男は規制薬物の影響下にあったそうで、念のため病院へ搬送された後、警察に引き渡された。

 「イッツ・ア・スモール・ワールド」は、1964年ニューヨーク万国博覧会でデビューし、現在に至るまで来援客を魅了しつづけている人気のアトラクションだ。

 世界を旅した気分になれるし、世界は広いようで小さいんだよ、地球はまるくてみんなつながっているんだ。という人類はみな仲良くしようという教訓を教えてくれたりするわけだが、時には予期せぬサプライズが起きることも、新たな教訓として刻まれていくことだろう。

written by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

結局世界は小さいから?ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」で全裸になった男が逮捕