歌手氷川きよし37)と歌手水森かおり(41)が30日、東京渋谷NHKホールで開催された『第65NHK紅白歌合戦リハーサルに登場した。

 “演歌界のプリンス”である氷は今回で15回の出場。今回歌唱の楽曲『ちょいときまぐれ渡り』では、氷自身が紅白では初となる「股またたび)」姿を披露したり、NTT日本CMでみかけたような、スケルトニクスと呼ばれる人ロボット2体にそれぞれオカメとひょっとこのお面をかぶせてのパフォーマンスや、NHK奈落から上げられる最大重量という巨大なロボットアームが扇を持つマシーンも登場。“ハイテク江戸ワールド”を表現する。

 氷リハーサルを終えて、スケルトニクスについて、「最先端のテクノロジーを使っているセットビックリしました。エンジンとか電気とか使ってない、人のだけでのもです」と、驚いたそうで「乗ってみたいですね」と興味々だった。

 一方の水森は縦に横にと広がる巨大ドレスとなり、29日の会見では水森自身が“七変化”と表現した通り色も変化するのも見どころの1つだが、水森は「6.5メートルで去年より高く上に(伸びて)上がっちゃうと見えなくて。タコみたいに足が伸びるという感じで」と、形容した。

 もしそのドレスを命名するならと問われると、水森は「(制作した)由美先生は『めでたい紅白なので』と言ってたし、“ハッピー人間ドレス”です」と、笑顔を見せながら話し、「の部分は和なんです。下まで一枚になっている生地で重いんです。だからポロリしないように気をつけたいと思います(笑)」と、報道を沸かせていた。

[画像]

氷川きよしと水森かおりのステージリハーサルが開催!