JOJOmagazine公式Xアカウントは、荒木飛呂彦氏による漫画魔少年ビーティーのその後を描いた漫画魔老紳士ビーティーの新作読み切りを12月19日発売の「JOJO magazine 2023 WINTERに掲載すると発表した。

魔少年ビーティー』は、ジョジョの奇妙な冒険などで知られる荒木飛呂彦氏が1983年から「週刊少年ジャンプ」で連載していた漫画だ。荒木氏による初の連載作品で、ありとあらゆる手品やトリックを使いこなす不思議な少年・ビーティー(B.T.)と、友人の公一が体験するさまざまな怪事件が描かれる。

荒木飛呂彦氏による初連載作の60年後を描く『魔老紳士ビーティー』新作読み切りが12月19日発売の「ジョジョマガジン」に収録決定_001
(画像は集英社公式サイトより)

魔老紳士ビーティー』は、そんな『魔少年ビーティー』から60年が経ち、老齢となったビーティーと公一の活躍を描いた作品だ。2021年に「ウルトラジャンプ」にて初の読み切りが掲載され、今回は2年ぶりの新作読み切りとなる。

今回の読み切りは2021年の掲載時と同様に、原作を『化物語』の西尾維新氏が、作画を『約束のネバーランド』の出水ぽすか氏が担当。物語のあらすじはまだ明かされていないが、引き続きビーティーと公一の両名が登場するようだ。

荒木飛呂彦氏による初連載作の60年後を描く『魔老紳士ビーティー』新作読み切りが12月19日発売の「ジョジョマガジン」に収録決定_002
画像は2021年にウルトラジャンプに掲載された際のもの
(画像はウルトラジャンプ公式サイトより)

ちなみに本作が掲載される「JOJO magazine」は、2022年に『ジョジョの奇妙な冒険』原作35周年を記念して刊行された『ジョジョ』や荒木飛呂彦氏にまつわる漫画や企画などを掲載するムック本で、今回の読み切りが掲載される「JOJO magazine 2023 WINTER」で第3冊目の刊行となる。

同誌には前号に引き続き、荒木氏が悪役の作り方を語り尽くす企画「続・荒木飛呂彦の漫画術 後編」のほか、スタンド発生の謎を追うリサリサの物語を描いたスピンオフ小説『無限の王』の完結編などが掲載され、付録には2枚組のスペシャルステッカーも付属するとのこと。

荒木飛呂彦氏による初連載作の60年後を描く『魔老紳士ビーティー』新作読み切りが12月19日発売の「ジョジョマガジン」に収録決定_003
(画像はJOJOmagazine公式
Xアカウント
より)

魔老紳士ビーティー』の新作読切は、12月19日発売の「JOJO magazine 2023 WINTER」に掲載を予定している。

「JOJO magazine 2023 WINTER」詳細ページはこちら集英社『魔少年ビーティー』紹介ページはこちら