10月23日、アメリカ在住のある女性が第4子となる女児を出産した。偶然にもその日は女性の誕生日であるばかりか、女性の母親の誕生日でもあったという。奇しくも母娘3世代が同じ誕生日を迎えたことについて女性は「自分と母親の誕生日に娘が生まれてくるとは本当に驚いた」と話している。米ニュースメディア『Good Morning America』が伝えた。

米ノースダコタ州で暮らすヴァレリー・ウェバーさん(Valerie Weber)は10月23日、夫のブライスさん(Bryce)との間に第4子となる女児ティーガンちゃんTeegan)を出産した。

実はこの日は、ヴァレリーさんの34歳の誕生日であり、ならびに彼女の母親であるワンダ・シャールさん(Wanda Scherr、71)の誕生日でもあったという。

奇しくも3世代が同じ誕生日を迎えたことについて、ヴァレリーさんは「出産予定日が10月29日だったので、同じ誕生日になる可能性があるかもしれないと思っていました。でも、まさか本当に私たちと同じ誕生日に生まれてくるなんて、とても驚いています。その日は何だか不思議な感じがして、自分の誕生日だとは思えませんでした」と語っており、ワンダさんは当時の状況についてこう振り返っている。

「出産前日、ヴァレリーの体調があまり良くなかったので、念のため私が泊まった方がいいかもしれないと話していたんです。もし夜中に病院に行くことになっても私がいればすぐに出発できると思ったのですが、翌朝起きたらヴァレリーたちの姿はありませんでした。すでに病院に向かっていたようで、この偶然が本当に信じられませんでした。」

さらに3人には誕生日が同じであること以外にもいくつか共通点があるそうで、ワンダさんはこう続けた。

「ティーガンは娘夫婦の第4子として誕生しましたが、実はヴァレリーも私たちにとって第4子なのです。それに3人とも生まれた時間帯まで同じで、私は10月23日の夕方に生まれました。そしてヴァレリーとティーガンも同じく夕方に生まれたのですから、本当に特別な感じがします。」

そんなティーガンちゃんにはワンダさんと同じ「ジーンJean)」というミドルネームが与えられたそうで、ヴァレリーさんはその由来について「祖父(ワンダさんの父親)の名前はユージーン(Eugene)で、みんなからジーン(Gene)と呼ばれていたんです。なので、ティーガンのミドルネームは私の母と祖父にちなんで付けられたものなのです」と祖父のニックネームも(頭文字の綴りは違うものの)同じ「ジーン」であることを明かした。

また、今後3人の誕生日を迎えるにあたってヴァレリーさんは「私と母はこれまで誕生日当日でなくても、その前後でいつも一緒にお祝いをしてきました。そしてティーガンが生まれたことで、母娘3世代で過ごす誕生日を楽しみにしています。でもこれから迎える誕生日は私たちよりもティーガンのお祝いがメインになるでしょうね」と話している。

ちなみに3世代で同じ誕生日になることは珍しいはずだが、2021年にはイギリスでやはり母娘3世代が偶然にも同じ誕生日になった。孫の誕生に祖父はこれからはバースデープレゼントを3つ同時に用意しなければならないと嬉しい悲鳴をあげていた。

画像は『Good Morning America 2023年11月15日付「Three generations of the same family born on the same day」(Valerie Weber)、2023年9月14日付「Family welcomes new baby on the same day for 3rd time in 4 years」(Courtesy of the Turner Family)』『Liverpool Echo 2021年9月22日付「Family defy the odds with three generations sharing the same birthday」(Image: Steven Hill)』『Today 2017年7月21日付「Parents shocked after baby born on same day as his dad – and his great-grandpa」(Connor and Jordyn Eppard)』『The Lammert Family 2022年8月25日付Facebook「Today is their Special Day」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト