THE IDOLM@STER萩原雪歩役などで知られる声優浅倉杏美2014年12月31日公式ブログ更新し、約2年間にわたりストーカーの被に遭っていたことを告白した。

2014年総括した31日付けのエントリー「2014年」では、「特に2013年2014年と、浅倉杏美を応援して下さる方がとても増えました。本当に、ありがとうございます。心から、嬉しく思っております」と感謝の言葉をつづる一方、「けれども、それに伴って、残念ながらとても悩むことがありました」とし、ストーカーにつきまとわれていたことを明かした。

具体的には「で後をつけられる。自宅を特定される。待ち伏せをされる」といったもので、「とても、悩みました。何度も引っ越しました。とても、怖かったです」。そして「わたしは、皆さんのことが大切です。応援の言葉やお気持ちのおかげで、仕事がない時期も、意志を強く持つことが出来ました。皆さんがいなかったら、今のわたしは存在しません。だからこそ、悲しい出来事でもありました」と、辛い体験を振り返った。

今回、こうしたことを告白したのは、「言いたいことは、行為への非難ではなく、それを乗り越えた上で、またきたいと思ったということなのです」とのこと。それが「2014年わたしが得た最大の気付き」だったそうで、「こうやって、約2年、言わずにおいたことをめて今日伝えたのは、心配してほしいわけでも、悲劇のヒロインを気取りたいわけでもありません。ゆっくり時間をかけて、何度も何度も考えて、やっぱり皆さんとのを信じたいと思ったのです。わたしは、みーんなと、楽しい2015年を作りたいです」と、明るく前向きに新年への決意をつづった。