フロンティア航空便、こないだも被害を受けましたよね。

フロンティア航空の国内線で

アメリカのNBC2をはじめとする報道機関が2023年11月、アメリカのLCC(格安航空会社)、フロンティア航空便で、ひとりの乗客が客室内でズボンをおろし放尿を試みたと報じました。SNSや現地メディア公式YouTubeでは、その異様な様子が動画で公開されています。

事件が起きたのは、オーランド発フィラデルフィア行きのフロンティア航空便です。現地メディアの報道や掲載動画によると、この乗客は、フロンティア航空のスタッフから「化粧室を使用できない」ことを伝えたところ激高。その後「みなさんごめんなさいね」といった直後、通路でスボンを下ろしてその場にしゃがみ、ほかの乗客・乗員に対し、口汚い言葉とともに「放尿するぞ!」と叫んでいます。

なお、フロンティア航空便では2023年11月、1人の女性客が「私は誘拐された」と叫びながら機内の背もたれをまたいで渡り、別の客が「彼女は悪魔に取り憑かれている」と話したのち、賛美歌を歌うなどの行動を取った結果、着陸空港をやむを得ず変更するという事象が発生しています。

フロンティア航空機(画像:フロンティア航空)。