12月スタート 冬型続く 北日本は積雪増加

画像

12月スタートのきょう(1日)も冬型の気圧配置が続きます。北日本は寒気の影響で、日本海側を中心に、断続的に雪が降り、積雪がさらに増加するでしょう。北陸から山陰の日本海側は、日本海のシアーラインと呼ばれる風と風のぶつかり合いによって発達した雲が流れ込み、雷を伴って雨が強く降る恐れがあります。

関東は日差しが届きますが、夜は所々でにわか雨の可能性があります。お帰りが遅くなる方は折りたたみの傘があると安心です。

画像

予想最高気温は、札幌-1℃、旭川-4℃など北海道内は日本海側を中心にきょうも真冬日となり、厳しい寒さでしょう。そのほか、秋田5℃、仙台8℃、東京や大阪12℃の予想です。晴れ間の出る太平洋側も、お出かけの際は厚手の上着などでしっかりと防寒したほうがよさそうです。

12月スタート 冬型続く 北日本は積雪増加