日本海軍の戦艦「霧島」が1913年の今日、進水しました。ただ、竣工して16年間は「巡洋戦艦」でした。その証拠が艦名。近代化改修を2回受け、速力・防御力を向上させ太平洋戦争を迎えます。

2回の近代化改修を実施

戦艦だが山岳名――旧日本海軍の戦艦「霧島」の進水から、2023年12月1日で110年になります。正確には巡洋戦艦として起工、竣工しているので、艦名は当時の軍艦命名規則に従い、鹿児島県霧島山にちなんだのです。

「霧島」は同型艦の「榛名」とともに、初めて国内の民間造船所で建造された戦艦です。現在の三菱重工が担当しました。竣工時の排水量は2万7000トンあまり、水線長は212m、速力は27.5ノットあまり(約49.5km/h)。複雑な形をした艦橋はまだなく、3本の煙突と2本のマストが立ち並んでいました。

なお竣工時は第1次世界大戦の真っただ中。デンマークのユトランド半島沖でイギリス海軍ドイツ海軍が死闘を繰り広げた、いわゆるユトランド沖海戦によって近代的な艦隊戦の戦訓が得られると、日本もその後の軍艦建造にその戦訓を反映させます。「霧島」も例外ではなく、大規模な近代化改修が2回施されました。

1回目の改修は1930(昭和5)年3月に実施。主に防御力が強化されました。その後は観艦式に参加し、「霧島」は昭和天皇が乗艦される御召艦となっています。翌年6月、正式に「戦艦」となりました。

2回目の改修は1936(昭和11)年。主に機関が強化され、出力向上に伴い速力は約30ノット(約54.0km/h)となりました。また対空兵装も強化されています。

戦艦「比叡」喪失の翌日…

「霧島」が本格的な戦闘に参加したのは太平洋戦争からでした。出撃は開戦と同時であり、真珠湾へ向かう空母機動部隊を護衛しています。

翌1942(昭和17)年6月のミッドウェー海戦でも、「霧島」は空母部隊の掩護などに従事しました。しかしこの海戦で日本は、主力空母を4隻失う大敗北を喫しています。「霧島」は無事でしたが、以降、旧日本軍は各地で追い詰められていきます。

同年10月には、ガダルカナル島攻略に参戦。物資が尽きようとしていた島へ援軍を送ろうにも、同島の飛行場を発つアメリカ軍機が立ちふさがるため、「霧島」はこの飛行場への艦砲射撃を企図したのです。

しかし翌11月14日深夜、サボ島の西に差し掛かったところでアメリカ軍の迎撃にあいます。対地用の砲弾を搭載したまま、「霧島」は戦艦や巡洋艦同士の撃ち合いとなりました。アメリカ軍へ損害を与えるも、「霧島」も直撃弾を多数受け火災に見舞われます。

加えて浸水により傾斜が増していきます。日付が変わったころ、「霧島」はついに沈没。しかしアメリカ側も作戦継続が不能となり、一時撤退しています。

「霧島」の沈没は、旧日本海軍の戦艦としては2隻目となりました。1隻目は「比叡」で、こちらも直前の海戦で失っています。結果的にガダルカナル島は死守できず、その後日本は南方から徐々に制海権・制空権を失っていったのです。

1937年、宿毛湾で撮影された「霧島」。第2次近代化改修後(画像:アメリカ海軍)。