お笑いコンビ・タカアンドトシが、2024年に結成30周年を迎える。これを記念して、2024年にはさまざまなイベントを開催することが決定した。

まず、第1弾として、北海道出身芸人を集めた「道産子お笑いフェス」を開催。昨年、地元・北海道で開催した同イベントは、北海道出身芸人だけでイベントを開催したいというタカの長年の夢から企画で、年明けはタカの“子分”初恋タローの地元・福岡県飯塚市で開催し、3月24日には奈良県のたけまるホールにて開催する。

ほかにも、タカのシャツでおなじみの“ライオンマーク”をネゴシックスが新たに制作し、今後のグッズ展開などでの起用を計画中だ。

また、開催に先立ち、“社長”(夢グループの石田社長)から結成30周年を祝した動画も到着した。  

タカは「あれから30年、お笑い不毛の地と言われた北海道からこんなにもたくさんの芸人が育ちました。美味しい物だけじゃない!笑いの北海道物産展をぜひ、ご賞味ください」、トシも「皆様のおかげでコンビ結成30年が経ちました。今後もより多くの方々に笑っていただけるよう頑張る次第です!」とコメントを寄せている。