カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 シャンパンやワインの世界では、昔からずっと受け継がれてきた伝統的な製法がもてはやされがちだ。だがシャンパン醸造家たちは、より高い品質と味わいを常に追求している。

 今、シャンパン業界で大きなブームとなっているのが、「海底熟成」という技術イノベーションだ。

 2010年フィンランド、オーランド諸島付近にある水深約50mの海底で、1852年に沈没した船の残骸が発見された。そして驚いたことに、そこに積まれていたシャンパンのボトル145本は、しっかり栓が閉まっていたため、まだ飲むことができたのだ。

 この度、シャンパンの人気ブランド、ヴーヴ・クリコで製造最高責任者(当時)だったドミニク・ドゥマルヴィル氏はその試飲を行った。

 お味の方はというと、あまりの美味しさに「世界最高のシャンパンの1つ」と断言している。

【画像】 1852年に難破船と共に海に沈んだ海に沈んだシャンパン

 1852年、フィンランド、オーランド諸島付近の水深50mの海底に沈んでいた船の残骸が発見されたのは2010年のこと。

 船に積まれていたシャンパンのボトル145本は奇跡的に無事だった。ラベルはすべて剥がれ落ちていたが、しっかりとコルクの蓋で守られていたのだ。

 コルクの焼印から産地が特定されている。

・合わせて読みたい→第一次世界大戦で海に沈んだ船から900本の酒瓶を回収。102年前のお酒の味は?

 その多くは、ジュグラー・メゾン(Juglar maison)のもの。1829年に買収されて姿を消したシャンパン・メゾンだ。また47本は、現在でも人気あるブランド「ヴーヴ・クリコ」だった。

1

海に沈んだ難破船から発見された170年前のシャンパンコルク / image credit:Visit Aland

試飲後、あまりのおいしさに値段が跳ね上がる

 ボトルの発見から2年後の2012年、船が発見されたオーランド諸島マリエハムンで開催されたオークションでは、11本のボトルが総額15万6000ドル(当時の為替で約1240万円)で落札された。

 ヴーヴ・クリコの最高落札価格は1万5000ユーロ(約150万円)だった。

 だがそれは、ボトルの中身が専門家によって分析され試飲される前のこと。現在の価格は、なんと19万0000ドル(約2780万円)である。

4

海底熟成により世界最高のシャンパンと称されるそのお味は?

 フランスランスシャンパーニュ・アルデンヌ大学の食品生化学フィリップジャンデ氏は、その味わいを分析し、次のように報告している。

 「170年間、深海の完璧に近い条件で熟成された後、シャンパンは眠りから目を覚まし、ワイン造りの物語の一章を語ってくれた」『PNAS』(2015年4月20日付)

 ジャンデ氏は、マイクロシリンジからほんの一滴だけ試飲、すると香りが試飲後3、4時間口の中に残ったという。その味わいについて「こんなシャンパンは生まれて初めて」と述べている。

 その味は泡に閉じ込められているかのようで、「注いだ時に泡は見られなかったが、テイスティング時にはわずかにピリピリする感じがあった」という。

 じつは当初、海底シャンパンを試飲したテイスターたちは、「動物のニオイ」「濡れた髪」「還元」「みすぼらしい」と表現していた。

 ところが、それをグラスに注ぎ空気に触れさせると、「スパイシー」「スモーキー」「革のような」と表現される、心地よいアロマを放つようになるのだ。

 当時ヴーヴ・クリコの最高醸造責任者だったドミニク・ドゥマルヴィルは、この海底シャンパンを3回試飲し、世界最高のシャンパンのひとつであると断言したという。そのテイストは、「熟した果実」「トリュフ」「ハチミツ」であるそうだ。

5

醸造家たちの間で海底シャンパンがブームに

 こうした海底シャンパンに目をつけたのが、各地のシャンパン醸造家たちだ。

 ヴーヴ・クリコは、このシャンパンに心を奪われ、ボトルが発見されたオーランド諸島の同じ場所に何十本ものボトルを沈め、同じ状況を再現しようとしている。

 深海シャンパンを試しているのはヴーヴ・クリコだけではない。

 それどころか、海底シャンパンは、業界で最も急成長している分野であり、大手生産者のほとんどや小さなメゾンまでもが試しているという。

 ヴーヴ・クリコはボトルが発見されたバルト海で試している一方、ほとんどはフランス西部のブルターニュ沖に沈められている。

2

 その需要の大きさは、石油・ガス関連の調査が専門だったフランスの海洋企業が、海底ワイン貯蔵に特化した新部門「Amphoris」を発足させるほどだ。

 だが、なぜ170年前のシャンパンがこれほど人々を惹きつけるのだろうか?

 醸造家たちは、海底にはシャンパンを“休ませる”のに最適な環境があると考えている。大西洋の20分の1と塩分濃度が低く、さらに温度が4℃で安定しているのが、シャンパンの熟成にピッタリなのだ。

 最高のシャンパンを熟成させるには、自然のままの条件が必要だ。これまでそれはシャンパーニュ地方の地下トンネルにあると考えられてきた。

 「今では、より自然な環境が海底にあると考えられ始めている」と、シャンパンの専門家ルーシー・エドワーズ氏は語ったという。

 「海中には完全な暗闇があり、温度が一定です。また最も重要なこととして、海底の圧力がボトル内のそれに近いことが挙げられます」

 エドワーズ氏自身も海底シャンパンを試飲し、わずかだが確かな違いを感じ取ったそうだ。

References:Chemical messages in 170-year-old champagne bottles from the Baltic Sea: Revealing tastes from the past | PNAS / The rise of undersea champagne: ‘I have never tasted such a wine in my life’ | Food & drink industry | The Guardian / 170-Year-Old Shipwreck Champagne Is Oldest Ever Tasted, With Notes Of "Animal" And "Wet Hair" / written by hiroching / edited by / parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

170年前に沈んだ難破船から引き上げた海底熟成シャンパン、そのお味は?