首元から赤やオレンジの光を放ち、「ラスボス」のような威圧感をまとっているのは、柴犬・ふう太くん。

 どうやら夜道を散歩する時に付けている光る首輪が、普段は可愛いふう太くんをラスボスに変身させているようです。この写真はX(Twitter)上で、瞬く間に話題となり「ラスボス感すごい」「強そう」などの声がよせられています。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

 ふう太くんは大の散歩好き。一度、外に出かけると飼い主さんが帰ろうとしてもなかなか帰りたがらないのだとか。「真っ直ぐ帰ったことは一度もありません」と、飼い主さん。

 今回のXへの投稿にも「光る帰らない犬(橙)」というコメントが添えられています。漂うラスボス感は、もしかしたら「まだお家に帰りたくない!」というふう太くんの強い意志がオーラとなって出ていたからなのかも?

 そして大好きな散歩を夜にする時、欠かせないのが光る首輪。これは走行中の車や自転車歩行者などに存在を知らせるため、つまり安全に散歩をするために付ける首輪です。種類は複数あり、ふう太くんはオレンジの他にも、ピンクとグリーンを持っているそうです。

 周囲の反応も上々で、気づいた人からは「カッコいいねぇ!」と褒めてもらえることも多いのだとか。

 今回の投稿には1万4000件を超えるいいねが付いており、「赤いひげのサンタ」や「魔王」などと例える人もいます。ちなみに飼い主さんは「ジャックオーランタンみたいだなと思った」と語っていました。ピンクやグリーンの首輪を付けたら、ふう太くんはいったい何に変身するのかも気になりますね。

<記事化協力>
柴犬ふう太さん(@fufufufufu_ta

(佐藤圭亮)

ラスボス感すごい柴犬が話題 首元から赤やオレンジの光を放つ姿が「強そう」 | Publisher By おたくま経済新聞 | Edited By 佐藤圭亮
ラスボス感すごい柴犬が話題 首元から赤やオレンジの光を放つ姿が「強そう」