三木谷浩史

楽天グループ創業者で代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏が、3日に自身のX(旧・ツイッター)を更新。所有球団である東北楽天ゴールデンイーグルス安楽智大選手のパワハラ問題で謝罪と説明を行った。

 

■自由契約に自身の判断も

安楽選手はパワハラ報道により球団が調査に乗り出したところ、下半身を露出させる、暴言や暴行を浴びせる、罰金名目で金銭を徴収するといった行為で、10人が被害を訴えていることが発覚。

森井誠之球団社長らは先月30日に記者会見を開き、12月1日付で契約保留者名簿から外して自由契約にすることを発表した。

三木谷氏はこれに関して、「安楽選手の一件に関しては、森井社長から事態の報告を受け、しっかりと全スタッフ、全選手にヒアリングをするように依頼をし、その結果保留者名簿には入れない決断をさせて頂きました」と投稿。調査の徹底を自ら呼びかけたことや、自由契約に自身の判断も加わっていたことを明らかにした。

 

関連記事:博多華丸・大吉、「視聴者の皆さんはもう…」 『あさイチ』で鈴木奈穂子アナの人気ぶりにショック

■ファンや被害者に謝罪して再発防止を明言

ポスト内ではさらに、「ロッカールームや選手間でのやり取り等に関して、球団として油断があり、被害にあった関係者、選手、ファンの皆様にお詫び申し上げます」と被害者やファンに対して謝罪。

「今後は、このような事態を招かないよう、仕組み作りとハラスメントに対する教育を強化するとともに、よりオープンなコミュニケーションができる雰囲気作りに取り組みたいと思います」と続け、再発防止とチーム内の風通しを良くすることを掲げた。

 

関連記事:『ラヴィット』川島明、第3子出産のギャル曽根に掛けた“言葉”に称賛の嵐 「素敵すぎた」「最高の職場」

■誠意ある対応と評価の一方…

オーナー自らの謝罪と説明に、ファンからは「グループのトップの三木谷さんが、この件で発信していただいたことは良かったと思います」「問題が起きたことは残念でしたが、発覚後のどの対応も適切だったと思います」「組織のトップの誠意ある謝罪には信頼感と安心感を覚えます」など、対応を評価する声が寄せられている。

しかし一方では、「被害届を警察に出して責任をとらせてください。それをうやむやにしないようお願いします」「森井社長に押し付けてる」「オーナーも出てきてください」など、厳しい意見も寄せられていた。

関連記事:博多大吉の“ひと言”で『ブギウギ』橘アオイ役・翼和希がテレビの前で大号泣 「なんてことを…」

■【ポスト】安楽選手の一件で説明と謝罪

楽天・三木谷浩史会長、安楽智大のパワハラ問題を謝罪 自由契約には自身の判断も