カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 プラスチック製のスマートフォンケースは、手頃な価格で入手できることから人気があるが、分解に時間がかかるため、埋立地や生態系への影響が懸念されている。

 プラスチックは何百年、何千年と環境中に残留し、長期的な汚染につながる可能性があり、プラスチックが環境に与える影響は無視できない。

 そこで開発されたのが生分解性のiPhoneケースだ。しかもこれ、種が入っていて堆肥化するため、使用後は土に埋めれば植物を育てることができるのだ。

 ケースの色によってヒナギク、忘れな草、バジルの花を咲かせることができるという。

【画像】 花とハーブに変わる生分解性の種入りiPhoneケース

video cover 01

 世界中で毎年約10億個のスマートフォン用ケースが販売されているが、そのほとんどすべてにリサイクルできないプラスチックが約20g含まれているそうだ。

 ほとんどのスマホケースは異なる種類のプラスチックが混ざって作られているため、リサイクルや再利用が難しい。

 現在、そういったプラスチック製カバーを処分する方法は、埋め立て地に捨てるか燃やすしかないが、分解されるのに約500年かかると言われていて、環境に大きな影響を与えることが懸念されている。

・合わせて読みたい→これアボカドの種でできてるんだぜ!捨てても土にかえる生分解性の使い捨てカトラリーが誕生(メキシコ)

 多くの人はスマホ用ケースの製造に年間2万トン以上の有害プラスチックが使用されていることを知らない。

 しかも、新しいものに変えるたびに、たいていの場合古いモデルは引き出しに詰め込まれ、忘れ去られるように放置されることが多い。

 こうした理由から、今回イタリアのエコガジェットブランド『iGreen Gadgets』は、環境に配慮し、2年にわたる素材の研究開発を経て『iGreen iPhone』ケースを販売した。

 このiGreen iPhoneケースは、世界で唯一の種子入りで、生分解性素材でできたケースは堆肥となる。

phone case1_e

image credit:.igreengadgets

緑、黄色、青のケースには3種の種が含まれる

 使用後、土に30度の角度で地面に埋めて、植えたときにケースに水をやるだけでいい。

[もっと知りたい!→]サボテンの葉から安全な生分解性プラスチックを作る方法が発見される(メキシコ研究)

phone case3_e

image credit:.igreengadgets

 一旦ケースが溶けると、埋め込まれた種子が放出されて下の地面に分配される。

 ケースの内部には水溶性の保護フィルムが貼られていて、このフィルムが分解されると、隠された種の貯蔵庫が現れる。

phone case2_e

image credit:.igreengadgets

 100%天然成分で構成されたコーンスターチから作られたケースは、使用時に強度を与えるだけでなく、廃棄後は土の中で素早く吸収・分解される。

 廃棄したiPhoneカバーの緑からはバジル

phone case4_e

image credit:.igreengadgets

黄色からはヒナギク

phone case5_e

image credit:.igreengadgets

青色からは忘れな草を咲かせることができるという。

phone case6_e

image credit:.igreengadgets

 プラスチック製のスマホ用ケースが環境に与える影響についての認識を高めることを目的としたこの商品は、回収不可能な廃棄物の問題に対する具体的な対応策となるようだ。

 現在、iGreen Coverは特許と認証を取得し、世界特許出願中である。

 販売価格は17.99ユーロ(約2900円)。アップルのiPhone 13 Pro、14 Pro、15 Proに対応しているということだ。

References:Tech company unveils biodegradable iPhone covers that grow daisies/ written by Scarlet / edited by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

世界初、土に植えると芽が出るiPhoneケースが登場。生分解性素材で植物の種子入り