水野美紀

3日放送『ドーナツトーク』(TBS系)で女優・水野美紀らがコンプレックスについて言及し、共演陣から驚きの声が漏れた。

 

■頭の形が…

待ちゆく人達のコンプレックスを調査したこの日。

進行役のフリーアナウンサー・鷲見玲奈アナは、ゲストの乃木坂46の元メンバー・秋元真夏に「なにかコンプレックスとかありますか?」と質問。秋元は「めちゃくちゃあります。あんまりパッと見た感じだとわかられないんですけど、スゴいハチが張ってるんです、頭の」と頭の形にコンプレックスがあると熱弁した。

 

関連記事:水野美紀、納得できない“夫の謎行動”を解説 鷲見玲奈アナも「ブチギレます」

■運動神経にも難

ほかにも「(役所などの)手続き系ができない」「ずっと運動神経が悪い」のもコンプレックスだと秋元は主張。

「なので、家のテーブルがガラスのちょっと透明のやつで、ローテーブルが。毎日ガラスに足当てて、アザ作ってます」と嘆く秋元に、水野らは「かわいい」とつぶやいた。

 

関連記事:水野美紀、出身地を聞いた際の“礼儀”を熱弁 「ホントにそう」共感の声

■水野のコンプレックス

そこから水野は「私はもう、骨格がいかついんですよ」と吐露して、「どこがですか?」「ええー?」と出演者らから納得できない声が漏れる。

水野は、これまでに多くの女性のタンクトップ姿を見てきたと強調したうえで、「(自分が)タンクトップ着たら、ホントに首から下はなんか…男の人みたいに見える」とどうしても体型にコンプレックスがあると解説。

「でも本当の本当のコンプレックスは言えないよね」と水野は本音を漏らし、鷲見アナも「言ったら、やっぱりそこに注目されてしまうから」と理解を示していた。

水野美紀、体に関するコンプレックスを明かす 「タンクトップ着たら…」