12月3日に放送されたバラエティ番組「なんなん?」(日本テレビ系)で、相性抜群の美味しい組み合わせ「あんこ+牛乳」を超える、“あんこに合うもの”が発見された。

芸能人が日常で感じる世の中の「なんなん?」をテーマに、調査やトークを進めていく同番組。いろいろな「なんなん?」が挙がる中で、経済学者・成田悠輔氏は「物心ついた頃から30年以上、気になってることがあって。あんこと…牛乳って合いすぎじゃないですか? なんであんなに相性が良いんだろう」と話し、番組が検証を行うことになった。

この検証には、食材と食材の相性を数値化できる、AI味覚センサー「レオ」を使用。味を5つの項目に分けてAI分析し、食べ合わせの相性を数値化するマシンで、例えば「ステーキ肉+赤ワイン」は「相性94.0点」といった具合だ。

あんこ+牛乳」をマシンにかけた結果、弾き出された数字は「相性95.7点」。95点以上は「非常においしい」とされ、そう簡単に出る数字ではないという。そこで、番組側が約20種類のドリンクなど、あんこに合いそうなものを試食し、その中から予選を突破した3つをマシンにかけたところ……驚くべきことに、「あんこ+牛乳」を超える「相性96.1点」を叩き出した“あんこに合うもの”が発見された。

それはまさかの「カレーヌードル」。スタジオではあんことカレーヌードルの試食が用意され、出演者一同から「ええ…」「うそ…」「いやいやいや…大喧嘩しそう…」「これどう…?」と困惑の声が続々と上がる。

成田氏も「一見、地獄の組み合わせ」「正直、あんま食いたくない…」と言いながら、恐る恐る多めのあんこを入れたカレーヌードルを口に入れてみると……「あっ!」と途端に笑顔になり、「これ売れますね」と断言。「あんこでカレーの強烈さがまろやかになっている感じ。仲良くなってます。しかも(あんことカレー)両方いきてる感じ」と高く評価した。

ほかの面々も「怖い」などと言いながら試食してみると、シソンヌ長谷川忍は「めちゃくちゃ美味しいっすね…今までなぜこの料理を我々は知らなかったんだろう、くらい。めちゃくちゃうまいです。逆にこれ以外の食べ方しないほうがいいぐらい」と大絶賛。

山之内すずは「食べやす!何これ、おいしい!信じられん…」、YOUは「全然…仲が良い。なんでだろう」、ヒコロヒーは「いや…ウマいです。何これ?知らん味」、千原ジュニアは「不思議〜!めちゃくちゃ優しい。止まらへん、もう。(カレーが)めちゃくちゃ優しくなる。(太田)光代社長がいるときの(爆笑問題)太田(光)さんみたい」と絶賛のオンパレードだ。

シソンヌ長谷川は改めて「結構すごい発明じゃないですか?」と感心し、成田氏も「これは…もう商品化確定ですね」と、“あんこカレーヌードル”の成功に太鼓判を押した。