漫画『ファイブスター物語』や、TVアニメ『重戦機エルガイム』のメカデザインなどで知られる永野護氏による初の大規模展覧会「DESIGNS 永野護デザイン展」が、2024年2月10日から3月24日まで開催される。

永野護氏の初の大規模展覧会『DESIGNS 永野護デザイン展』が2024年2月10日から3月24日まで開催。_001

永野護氏は、1983年より日本サンライズ(現バンダイナムコフィルムワークス)に在籍。翌年のTVアニメ『重戦機エルガイム』で、キャラクターとメカデザインに抜擢され、注目を集めた。ほかにもTVアニメ『機動戦士Zガンダム』や、『ブレンパワード』などに参加している。

漫画作品としては、1986年より角川書店(現KADOKAWA)発行の月刊アニメ誌「Newtype」にて、漫画『ファイブスター物語』の連載を開始。2012年には、自身が原作・監督・脚本・原画・全デザインなどを手掛けた『花の詩女 ゴティックメード』を劇場公開した。

展覧会では、商業作デビュー前の作品や『重戦機エルガイム』『機動戦士Zガンダム』『ブレンパワード』『シェルブリット』『ファイブスター物語』『花の詩女 ゴティックメード』など、これまでの制作物のなかから原画やイラスト、設定画、ラフスケッチなど約340点を厳選して展示する。オリジナルグッズの販売も予定しているとのこと。

「DESIGNS 永野護デザイン展」はEJアニメミュージアムにて、2024年2月10日から3月24日まで開催される(休館日:第1、3、5火曜日)。開催時間は10:00から18:00まで。詳細については下記に記載する公式のプレスリリースを参照願いたい。

「DESIGNS 永野護デザイン展」特設サイトはこちら

プレスリリースの全文は以下のとおり。


DESIGNS 永野護デザイン展
永野護初の大規模展覧会が開催決定!

会期/2024年2月10日(土)~2024年3月24日(日)

会場/ところざわサクラタウン内 EJアニメミュージアム

永野護氏の初の大規模展覧会『DESIGNS 永野護デザイン展』が2024年2月10日から3月24日まで開催。_002

代表作「ファイブスター物語」やテレビアニメのメカニックデザイン、キャラクターデザインなど唯一無二の世界を創造するデザイナー・永野護の初の大型展覧会「DESIGNS 永野護デザイン展」を開催します。
永野護1983年の活動開始以来、独創的で革新的なデザインを第一線で生み出し続けています。1984年から1985年にかけて放送されたテレビアニメ「重戦機エルガイム」(制作:サンライズ)では、ロボットをはじめとするすべてのメカとすべてのキャラクターをデザインし大きな話題となりました。同作に登場するロボットの多重関節によるフレーム構造やキャラクターの多彩なファッションなどは以降のアニメ作品に影響を及ぼしました。1986年に「月刊ニュータイプ」で連載を開始し現在も連載中の「ファイブスター物語」においても継承され進化を遂げた新たなデザインを創造しています。
「DESIGNS 永野護デザイン展」では、商業作デビュー前の作品や「重戦機エルガイム」「機動戦士Zガンダム」「ブレンパワード」「シェルブリット」「ファイブスター物語」「花の詩女ゴティックメード」などこれまでの制作物のなかから原画やイラスト、設定画、ラフスケッチなど約340点を厳選して展示します。
本展覧会では、オリジナルグッズの販売も予定しています。この機会にぜひ永野デザインを体感してください。

開催概要

■イベントタイトル
DESIGNS 永野護デザイン展

■会期
2024年2月10日(土)~2024年3月24日(日)
※休館日:第1、3、5火曜日
※最新情報は角川武蔵野ミュージアムホームぺージをご覧ください

■開催時間
10:00~18:00(入場は閉場の30分前まで)

■会場
EJアニメミュージアム
住所:〒359-0023 埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3
ところざわサクラタウン角川武蔵野ミュージアム3F
◇交通
電車:JR武蔵野線「東所沢」駅から徒歩約10分
車:関越自動車道「所沢」ICから約8分

■イベント問合わせ先
KADOKAWAカスタマーサポート
https://wwws.kadokawa.co.jp/support/mf/

■公式サイトURL
https://tokorozawa-sakuratown.com/special/naganomamoru/ ※注意事項の詳細は公式サイトをご参照ください
** ■公式Xアカウント(旧:Twitter)**
@naganomamoru / @EJ_AnimeMuseum

■主催
「DESINGNS永野護デザイン展」実行委員会

■特別協力
株式会社エディット

■協力
ニュータイプ編集部

■展示協力
株式会社バンダイナムコフィルムワークス、株式会社創通、株式会社バンダイナムコエンターテインメントボークス株式会社、株式会社アワートレジャー、株式会社ウェーブ

永野護プロフィール

●ながの・まもる/1960年生まれ。京都・舞鶴出身。デザイナー。

1983年より日本サンライズ(現バンダイナムコフィルムワークス)に在籍。翌年TVアニメ「重戦機エルガイム」で、キャラクターとメカデザインに抜擢され、注目を集める。ほかにもTVアニメ「機動戦士Zガンダム」などに参加。
1986年より角川書店(現KADOKAWA)発行の月刊アニメ誌「Newtype」にて、漫画「ファイブスター物語」(読:ファイブスターストーリーズ)の連載をスタート。
2012年には、自身で監督や脚本を手がけた、劇場アニメーション「花の詩女ゴティックメード」を公開する。
デザイナーとして、オリジナリティあふれる唯一無二のデザイン(ロボット、キャラクター)を発表しつづけており、今なお多くのファンを魅了している。