飛行機

飛行機の機内トラブルがたびたび話題になるが、客室乗務員の「トイレ使用中止」の声掛けに激昂し、機内通路で排尿をしようとした人物が話題になっている。『Metro』や『Complex』などが伝えている。

 

■突然レギンスを下ろし

11月22日、アメリカ・フロリダ行きのフロンティア航空便で事件は起きた。搭乗していた1人の女性が「トイレに行きたくなった」と訴えたが、客室乗務員が「現在使用中止です」と告げると、ある行動に出た。

他の乗客に「失礼」と謝罪を入れてから、レギンスを下ろして下半身を露出させ、通路にしゃがみ込んだという。

騒然となった機内で乗客の数人が女性を制止し、一部から悲鳴があがると、激昂した女性は「知ったことか! くそったれ! おしっこしてくる!」と、乗客らに向かって叫んだ。

 

関連記事:奇抜な衣装で搭乗拒否をくらった女性 「撮影しなさいよ、私は有名なんだから」

■多発する飛行機のトイレ問題

女性が実際に排尿することはなかったが、飛行機内でのトイレトラブルは各地で頻発している。

9月には、アメリカ・アトランタバルセロナ行きのデルタ航空便に搭乗していた乗客が、機内で下痢をした件が報じられたばかりだ。

数日前にもヒューストンからデンバーに向かう機内で女性が、トイレに行けずに泣き叫びながら客室乗務員の手を振りほどき、パニック状態になった。

またロンドン・ガトウィック空港行きのイージージェット便が、乗客が「トイレの床にうんちをした」ため欠航になったというトラブルも起きている。

 

関連記事:客室乗務員が料理をこぼした乗客にブチギレ 「片付けるまで離陸しない」

■ネット拡散も原因

これらの問題シーンが撮影され、一気に世の中に拡散されることも「迷惑行為が増えている」一因と考えられ、今回のトラブルの動画もすぐにSNSを賑わせた。

機内映像の急増がネット上で波紋を広げるなか、アメリカ連邦航空局の安全担当者は、問題が起きても録画をやめるよう人々に呼びかけている。

なお飛行機の通路で排尿しようとした女性だが、自身の行動について問われると「悪魔の仕業。もう一人の私が憑依した行った」と主張しているという。

飛行機のトイレ使用を拒否された女性 「通路でおしっこするぞ!」と脅迫