俳優の大泉洋(50歳)が、12月3日に放送されたバラエティ番組「1×8いこうよ!」(STV札幌テレビ放送)に出演。女子から“間違って告白”されるという、青春時代の甘酸っぱい思い出を語った。

番組は今回、札幌市南区にある、大泉の母校・真駒内中学校を訪問。校舎の中を歩いていると、当時の思い出が昨日のことのように蘇ってきたそうで、「ここから(廊下の窓から)校庭を眺めていると、いろいろなことを思い出しました」と話し、甘酸っぱい青春の“廊下の思い出”を語り始めた。

「(廊下の窓に向かって)僕がこうやって(校庭のほうを)見てたら、当時髪型が僕に似ていた岸くんって、とってもイケメンの子がいた。ものすごい人気のある、サッカー部の男の子でしたけども、後ろ姿がちょっと僕と似てたんですね。で、分からずに、ついつい、ここから校庭を眺めていた僕に、岸だと思って告白しちゃった子がいたんですよ」
「『岸〜』とか言って。『あの〜、私…ずっと前から岸のこと…』。あれ、なんかこいつ告白始めちゃったな…みたいな」
「(間違ってるのは)分かってた。これやばいなと思って、『いや〜』って振り向いたら、『大泉だ〜!』って逃げてった」