東京・渋谷駅前で年末恒例となっていた「カウントダウンイベント」が今年も中止される。渋谷カウントダウン実行委員会による安全に配慮した決定。渋谷区によると、この夏以降に街を訪れた人が増加したとの判断をうけてのものだという。

こうした事情を踏まえた決定をうけて、渋谷区長谷部健区長は12月6日、「雑踏事故防止のため、区が委託する警備を昨年よりも強化」する考えを示した。イベント中止は4年連続だが、報道によると、昨年は大勢の外国人や若者が集まる騒ぎになっていた。

●酒類禁止、大型ビジョン停止も

「迷惑路上飲酒ゼロ」を掲げる渋谷区では、条例にもとづき、12月31日18時から1月1日5時まで、渋谷駅周辺エリアでの路上飲酒を禁止する。この措置は昨年までと比較して「5時間」の延長となる。また、エリアにあるキオスクやコンビニなどにも酒類販売自粛をもとめる。

さらに、渋谷のスクランブル交差点の大型ビジョン(渋谷駅前街頭ビジョン)の放映停止時間を12月31日23時に早めることを発表した。区によると、通常は24時まで放映されているという。

新型コロナ下での渋谷のカウントダウンイベント中止は4年連続となる。中止前は、街頭ビジョンにタイマーを映し出して新年を迎えていた。

渋谷区ハロウィーン開催時期の前にも「渋谷に来ないで」と呼びかけていた。

渋谷駅前の年越しカウントダウン「4年連続」で中止…スクランブルの街頭ビジョンも23時消灯の徹底