セガの大人気ゲーム「龍が如くシリーズ」の最新作「龍が如く7外伝」名を消した男。龍が如く7は主人公が桐生一馬から春日一番に変更、そしてバトルがアクションからコマンド式に変更されたことで賛否両論でした。そこに不満だった(筆者も)シリーズファンを取り込んだのが龍が如く7外伝で、再びアクションバトルとなり桐生一馬にスポットが当たったことから「高評価」連発となっています。その7外伝のムービーシーンなのですが……。

龍が如く7外伝のイベントシーンがスゴイ!

元々ムービーシーンが「実写のようだ」と評されていた龍が如くシリーズ。名だたる俳優さんをモデルとした人物が、まるで生きているかのように動くイベントは、見るもの全てを魅了するレベルのもの。実際に筆者もイベントムービーでは何度となく涙を流しましたし「龍が如く0のエンディング」では号泣を超えて、嗚咽したことを覚えています……。

龍が如くスタジオの技術責任者「伊藤豊さん」は、そんなイベントシーンでの技術的なことをポストしてくれました。今回桐生一馬着替えた状態でのムービーが非常に多かったのですが、映像を切り替えて再生していたということですか……もうほとんど実写ですし、ファーストサマーウイカさんも「リアル」に再現されていますね……うっとり

ムービー容量のお話……「キャバクラ実写化で大容量!

ムービーが4K60fpsになり、容量が大きくなったのは素人の筆者でも理解出来ました。ただ、その影響で当初はディスク1枚に収まらない状況になってしまったようです。

そして、そのムービーの容量で圧倒的にサイズが大きかったのは「キャバクラ」で、なんと全ムービーの77%に及んだとか……。全部で5名の美女による「龍が如く7外伝」のキャバクラ、思わず本編そっちのけで遊んでしまう中毒性があるんですよ!

筆者のお気に入りは「かなめ」さん!おそらくゲーム本編と同じ位、かなめさんにハマりました……。

筆者の中では「かなめ」さんというよりも、「要あい」さんというか……もっと前のお名前が脳内にこだましていました。「龍が如く6」では大好きな赤井沙希さんがキャバ嬢役でしたし、龍が如くのキャバ嬢と筆者は相性抜群なんですよ。

龍が如く7外伝でついに実写化した「キャバクラ」ですが、8以降もどうなっていくのか楽しみで仕方ありません!「龍が如く8」の発売日は2024年1月26日!あと約50日……待ち遠しすぎるっ!未経験の人は、それまでXBOXのサブスクで過去作を遊び尽くしておくのもアリですよ!

source「龍が如く7外伝 名を消した男」公式サイト



画像が見られない場合はこちら
高評価連発!龍が如く7外伝、ムービーシーンの容量の「8割近く」がキャバクラだと明かされる