画像はイメージ

画像はイメージ

面接の場において、採用とは直接関係ないようなプライベートなことまで首を突っ込まれたら、不信感をもち、嫌な気持ちになるだろう。栃木県の40代後半の男性(素材・化学・食品・医薬品技術職/年収400万円)は、面接での信じられない経験についてこう振り返る。

「どんな出会い系サイトを利用しているのか聞かれて、実際どこまで相手と交流があったのか聞かれた」

一体、会社側は何を意図してこの質問を投げかけたのだろうか。(文:長田コウ)

「恐怖を覚えて泣いて帰った記憶がある」

出会い系サイトを「利用したことがない」男性は、答えるのに躊躇したそう。そして、「その時点で面接が終了」という衝撃的な結末を迎えた。いくらなんでも、このような終わり方をされたら、納得がいかないだろう。

千葉県の40代前半の女性(専業主婦)は、「近くの介護施設で面接した担当者2人」に不快な思いをさせられた経験があるという。原因は、「履歴書を見て書き方が悪い」「結婚する年齢だけど結婚は?」と2人に言われたことだった。女性にとっては、相当なショックを受けたようで、

「恐怖を覚えて断って泣いて帰った記憶がある」

と振り返った。辞退したのは、賢明な判断と言えるだろう。

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

面接官に「どんな出会い系サイトを利用している?」と聞かれて困惑した男性