成田空港には他空港にないようなユニークルールがいくつも存在します。そのなかのひとつが、南側から着陸するときに「太平洋上で車輪を降ろして陸地へ進入する」というもの。どのような理由からなのでしょうか。

九十九里浜側から進入時「洋上で車輪を降ろせ」

日本の空の玄関のひとつである成田空港は、おおむね南北方向に滑走路が2本伸びており、冬などの北風などが吹いている時期は、南側(滑走路34L/34R)へ着陸するため、千葉県太平洋側から着陸進入するケースが増えます。このときパイロットは、成田ならではの“ルール”に従わなければなりません。

それは、空港からだいぶ離れた場所で降着装置を降ろすということ。あるパイロットによると、「九十九里浜の方向から着陸する飛行機は降下時、陸地に入るまでに車輪(脚)を降ろしてくださいというルール」であり、「世界でも有数の変わったもの」なのだそうです。

同パイロットによると、車輪を下ろすタイミングは状況によって異なるそうですが、このルールがある理由を次のように話します。

「とくに長距離国際線飛行機は、車輪のあいだに氷が付着していることもあります。そのため、海の上で氷を落としてきてから地上に降りてくるように……というルールを成田空港側が定めているのです」

なぜ「洋上脚下げ」ルールができたのか

このルールが定められた背景には、1989年度に19件、翌1990年度には17件の落下物が発生したなかで、南側からの着陸時がいずれも16件と大半を占めたのが理由です(四国新聞社2012年3月17日付)。

成田空港を運営するNAA成田国際空港)によると、「落下物は多くの場合、氷の塊です。航空機から漏れた水が上空で凍って、それが着陸直前に落ちてくるというケースです」とのこと。そこで、太平洋上から車輪をおろすというルールを採用したことで、以後落下物の発生件数は「大幅に減り、1年に2件ほどになっている」としています。

なお、成田空港の運航に詳しい人物によると、「九十九里浜で、着陸する飛行機が洋上で車輪を降ろしているかチェックがあり、もし実施していない場合は、航空会社側に通告が行くようになっていると」のこと。この人物は「ただ、長いあいだ脚を出して飛ぶのは、燃費も下がるほか、環境にもよくないのでは、という懸念もあります」とも話します。

ちなみに成田空港は、このほかにも多くのユニークな運用やルールを有している空港でもあります。たとえば同空港の職員が航空管制を実施する施設「ランプコントロール」を有していることや、燃料を長さ約50kmのパイプで千葉港(千葉県千葉市)から輸送していることなどが代表的です。

成田空港に南側から着陸する旅客機(乗りものニュース編集部撮影)。