「トールねぇさん」「スプリンクラーおばさん」! NEXCO中日本の「作業車キャラ」が大人でもハマる

この記事をまとめると

パトカーや消防車など働くクルマは子どもたちからの人気は高い

NEXCO中日本のサイトでは高速道路で活躍する働くクルマをイラストで紹介している

■働くクルマをイラスト化しつつ、ニックネームをつけてコミカルなキャラクターとしている

高速道路で活躍する「働くクルマ」がキャラクターに!

 高いところもへっちゃらの「トールねぇさん」、大量の水を飲み込む「スプリンクラーおばさん」、どんな変化も見逃さない「Dr.ロードタイガー」。これってどこかの街のご近所さん? それともアニメや映画のキャラクター? なんだか騒々しいドタバタ劇が繰り広げられそうなニックネームばかりですが、じつはこれらはすべて、高速道路で活躍する「働くクルマ」たちのことなんです。

 いつの時代も、子どもたちから羨望の眼差しで見られるのは、スポーツカーよりも働くクルマたちだと言われていますよね。花形なのは消防車、トレーラー、パトカーといった、街なかでも見かける働くクルマたちですが、じつは高速道路でも、みんなが安全・快適に走れるように、点検したり直したり、それぞれの特技を活かした仕事をするハイテク車両たちがいる、ということを子どもたちにわかりやすく解説したり、覚えてもらったりするために、NEXCO中日本がこうしたニックネームをつけて紹介しているんです。

 まずは、「高いところは私に任せて!」とキップのいい姉御肌のトールねぇさん。スラリとした長身のモデル体型を活かして、高速道路の高いところにある設備を点検してまわる、高所作業車のことです。たとえば夜間に道路を照らす照明器具や、標識、ETCゲートなどを整備したり掃除したり、アームはなんと12mも伸びるんだそう。アームの先端のカゴに作業員が乗り、手元のコントローラーでアームを自在に動かして作業をしています。

NEXCO中日本では人気の働くクルマたちをキャラクター化して紹介中
写真提供:NEXCO中日本

 続いて、大量の水を一気に飲み込んで水量を測る、スプリンクラーおばさんは水噴霧測定車。主にトンネル内で活躍する働くクルマです。というのは、トンネル内で万が一、火事が起きてしまったときのために設置されているスプリンクラーが、ちゃんと作動するかどうかを定期的に点検してまわる役目を担っているのです。テストの際には実際にスプリンクラーから水を出して水量を計測するのですが、ほかのクルマたちにその水がかからないように、スプリンクラーおばさんが水を受け止めるのだそう。

NEXCO中日本では人気の働くクルマたちをキャラクター化して紹介中
写真提供:NEXCO中日本

 水を出すための弁をひとつ開けると、10個のスプリンクラーから水が出る仕組みになっているため、スプリンクラーおばさんはいつも4〜5台がひと組になって作業をしています。水がきちんと出るのかだけでなく、流れる水の量もしっかりチェックしていて、正しく水が出ているかどうかはグラフになって表示されるので、正確に計測できるというのもすごいですね。

NEXCO中日本では人気の働くクルマたちをキャラクター化して紹介中
写真提供:NEXCO中日本

子どもと一緒に楽しく覚えられる!

 次は、1mmのひび割れさえも見逃さない、路面性状測定車のDr.ロードタイガー。多くの車両が通行する道路は、どうしても経年によってひび割れや、わだち掘れが発生してしまい、そのまま放っておくとハンドル制御が効かなくなるなどの原因となり、高速道路では大きな事故につながってしまうかもしれません。

NEXCO中日本では人気の働くクルマたちをキャラクター化して紹介中
写真提供:NEXCO中日本

 そこでこのDr.ロードタイガーの出番。道路にレーザー照射器で真っ直ぐな光の線を当てることで、わだち掘れによるくぼみを調べ、後ろについているライトで道路に光を当てると、ひび割れが起きている場所が影になり、わずか1mmのひび割れでも検知できるといいます。しかも、100km/hで走行しながらこの点検ができるというから驚き! Dr.ロードタイガーが登場するまでは、点検を人の手でやっていたので、気の遠くなるような時間がかかっていたのですが、いまでは1日に300〜400kmの点検ができるようになったというのは素晴らしいですね。

NEXCO中日本では人気の働くクルマたちをキャラクター化して紹介中

 続いて、高速道路の橋の健全性をチェックするのが仕事のミスターブリッジこと、橋梁点検車。いろいろな方向に動かせて、曲げることもできる、長〜い腕を持っているのが特徴です。橋も年月が経過するとひび割れなどの劣化が起こってきて、そのまま放っておくと危険ですよね。でも、長い橋は川の上や深い谷などにあることが多く、さすがのトールねぇさんでも歯が立たないところもあるのだとか。そんなときには、ミスターブリッジが橋の上からビョーンと長い腕を橋の側面や橋の裏にまで伸ばし、先端についているカゴに作業員が乗って点検をすることができるのです。

NEXCO中日本では人気の働くクルマたちをキャラクター化して紹介中
写真提供:NEXCO中日本

 このようにして、私たちが知らないところで活躍して、高速道路の安全を守ってくれている働くクルマたち。ちなみによく見かけるランクルの道路巡回車は「パトさん」、事故などの際に大きな標識を掲げて車両を誘導してくれる標識車は「サインちゃん」というニックネームがついていますよ。

NEXCO中日本では人気の働くクルマたちをキャラクター化して紹介中

 そう呼んでみると、いままでよりグッと身近な存在に感じられますね。

写真提供サイト:https://www.c-nexco.co.jp/special/vehicle/

NEXCO中日本では人気の働くクルマたちをキャラクター化して紹介中

NEXCO中日本では人気の働くクルマたちをキャラクター化して紹介中

NEXCO中日本では人気の働くクルマたちをキャラクター化して紹介中

NEXCO中日本では人気の働くクルマたちをキャラクター化して紹介中

NEXCO中日本では人気の働くクルマたちをキャラクター化して紹介中

NEXCO中日本では人気の働くクルマたちをキャラクター化して紹介中

写真提供:NEXCO中日本