アイドルグループ・日向坂46の岸帆夏(19歳)が12月7日、公式ブログを更新。体調不良のため活動辞退すると発表した。

岸はこの日、「お疲れ様です。岸帆夏(きしほのか)です。」と題するエントリーを更新。「突然のご報告になってしまい大変申し訳ありません。結論から言いますと、私、岸帆夏は日向坂46の活動を体調不良により辞退させていただく形になりました。活動休止する2ヶ月ほど前から、体調不良で思うように活動が出来なくなり、しばらく療養していましたが、このまま活動することは難しいということで、沢山悩んだ末に、活動を辞退させていただくとくいう形になりました」と報告した。

そして、日向坂46のメンバーとして過ごした約1年間を振り返りながら、ファンや同じ四期生のメンバー、先輩メンバー、関係者などに感謝の言葉をつづり、「最後少し私の今後のことをお話します」として、次のようにつづった。

「私は、今まで流れるようにここまで生きました。自分で自分の道を決めたことはありませんでした。日向坂に加入することは、今思えば初めて自分で決めたことだったと思います。そこからは、日向坂で活躍して、周りに日向坂に加入して良かったと思ってもらえる、そして、自分自身もそう思えるようにしたいという目標ができ、それに向かって、毎日を過ごしていました。そんな初めて自分で決めたこと、最後までやりきることが出来ませんでした。私は今、日向坂を離れ、突然大きな目標を失い、どうしていいか分からない状況でもあります。でも、もし、この先、私に新しい目標ができて、新しい道に進もうと思える日が来たら、全力で頑張ろうと思います」

岸は昨年9月に、応募総数5万1038人の中から選ばれた四期生(12人)としてグループに加入。今年10月から体調不良のため休養していた。