カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 1990年代、シンプルでありながら奥深い「マインスイーパー」というゲームにハマった人もいるだろう。もしもそのゲームを、現実の地雷撤去に役立てることができるとしたらどうだろう?

 ベルギーのクリエイティブ・エージェンシー「Mutant(ミュータント)」は、現実の地雷問題の解決や地雷被害者の支援に目を向けてもらうため、ノーベル平和賞を受賞したNGO「Handicap Internationalハンディキャップ・インターナショナル)」とコラボし、このレトロなゲームを復活させることにした。

 そして誕生したマインスイーパー風ゲーム「Real Minesweeper(リアル・マインスイーパー)」は、プレイしながら、オリジナルと同じく世界の地雷問題について知ることができる啓発・募金キャンペーンだ。

【画像】 何百万人もの人々が地雷と隣り合わせで暮らしている

Handicap International - Real Minesweeper (ENG)

 世界には100万個以上の地雷が埋められている。

 世界中60カ国では、何百万人もの人々がうっかり地雷を踏んでしまう危険と隣り合わせで生活しているのだ。

 地雷問題の啓発・募金キャンペーンとして開発された「リアル・マインスイーパー」は、こうした人々の窮状を悟らせてくれるゲームだ。

 もちろんそのベースとなっているのは、1980年代に開発され中毒者が続出した名作レトロゲーム「マインスイーパー」だ。

・合わせて読みたい→第一次世界大戦中に活躍したイギリスの軍鳩は二階建てのダブルデッカーバスを拠点としていた

 リアル・マインスイーパーのゲームプレイは、オリジナルに忠実となっている。ただし、世界が直面している地雷の危険性について伝えるため、現実の地図と地雷データが使われている。

2

 プレイヤーは、格子状に並べられたタイルをクリックし、そこに書かれている数字を手がかりに「地雷」の位置を予測する。地雷を爆発させずにすべてのタイルを開くことができればクリアだ。

 そうしたプレイを通じて、ウクライナイラクラオスで地雷と一緒に暮らす人々が直面している困難な現実を、少しは実感できるようになるはずだ。

 またプレイ中には、地雷の被害者や、危険地域の地雷撤去に取り組む270人の「マインスイーパー」の勇気ある物語が紹介される。

 それに触れることで、プレイヤーは状況の深刻さと支援の重要性について理解を深めることができる。

no title

募金は地雷撤去のサポートに使用

 リアル・マインスイーパーは以下のサイトからプレイすることができる。

・合わせて読みたい→圧倒的加速力と横移動のカニ走りで地雷をかわすことが可能となったボルボの新型軍用車

Handicap international Minesweeper

00

 また、同サイトでは地雷問題の取り組みを支援する募金キャンペーンも行われている。

 このキャンペーンを通じて集められた募金は、いくつかの重要な分野に振り向けられる。

 例えば、危険地域の地雷撤去、事故防止のために地雷の危険性を伝える啓蒙活動、地雷被害者のための装具支援・リハビリ・心理的サポートの提供といったものだ。

 ミュータント社のクリエイティブ・ディレクター、ジョナサンドゥルトルモン氏は、「何十年も前の問題に思われがちですが、地雷はかつてないほど存在します」と、The Stableで語る。

 噂によるとマインスイーパーが開発された理由は、 当時まだ珍しかったマウスに慣れてもらうためだったそう(関連記事)。

 そんな懐かしのレトロゲームが、現実の地雷問題の解決に役立てられことになるとは、開発者も想像しなかったはずだ。

References:Mutant & Handicap International recreate Minesweeper to solve the world’s landmine problem – The Stable / written by hiroching / edited by / parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

世界中には100万個以上の地雷が埋まっている。現実世界をシミュレートした「マインスイーパー」