画像はイメージ

画像はイメージ

職場において人間関係は重要なものだ。長野県の40代後半の男性(エンジニア、機械・電気・電子・半導体・制御/正社員/年収350万円)は、品質打合せの時に「とある先輩と直属上司に起こった話」を明かす。

「先輩は理論を元に話をしていたのですが、直属上司は感覚で話されていて、その時に直属上司が『こんな感じにすれば簡単だ』と話された時、(先輩が)『あなたがそんなこと話されるから仕事が上手くいかない!』と激怒」

すると直属上司もカチンときたようだ。言い争いになり、結局、工場長が間に入ってきて事なきを得たそう。「あれから二人は常に犬猿の仲です」と綴った。(文:谷城ヤエ)

上司の罵倒がきっかけで大学病院に救急搬送された人も

東京都の30代前半の男性(その他/正社員/年収450万円)が勤める会社では、多くの人がパワハラ上司に悩まされているという。

「以前から上司のパワハラがあり、退職者の中には精神科の診断がおりて、上司の罵倒がきっかけで大学病院に救急搬送された人もいました」

「上司は自分は働かず、部下の締め付けに1日を費やしていましたが、朝のミーティングでの報告内容を忘れることも多々あり、他部署に聞いていないと嘘をつくことが何度かありました」

パワハラだけでなく、仕事すらまともにできず、自分のミスを他人に押し付ける上司。部下たちが痺れを切らすのも当然だろう。

「あまりのパワハラと仕事のスキルの低さに、部下の体調不良者が続出し、人事にかけあいましたが、人事も上司の嘘を信じ、結局部下は全員退職しました」

上司が態度を改めない限り、現状が改善されることはなさそうだ。

※キャリコネニュースでは「職場の修羅場エピソード」を募集しています。回答ページはこちら https://questant.jp/q/HW152AQM

「罵倒されて救急搬送された人もいました」パワハラ上司のせいで部下全員が退職した職場