2024年最初の金曜日1月5日の「金曜ロードショー」では、ジブリ映画千と千尋の神隠し』がノーカットで放送される。

【大きい画像を見る】『千と千尋の神隠し』(C)2001 Studio Ghibli・NDDTM


千と千尋の神隠し』は2001年の夏に公開され、公開後は1年以上のロングランとなり、最終的に興行収入316.8億円という驚異的なヒットを記録して国民的アニメーション映画と称された。
国内だけでなく世界的にも高い評価を受け、米国アカデミー賞長編アニメーション映画部門賞、ベルリン国際映画祭の最高賞である金熊賞ほか数多くの賞に輝いている。

2022年には東宝とスタジオジブリタッグを組み、橋本環奈上白石萌音のW主演で初の舞台化。演劇作品としても大人気となった。
2024年には、川栄李奈、福地桃子をさらに主演に迎え、4人のローテーションで全国5大都市での再演が決定している。

千尋が迷い込む不思議な街には、赤ちょうちんが並ぶ歓楽街に加え、温泉や風呂屋、神社など、どこか見慣れたような日本的ないろいろなモチーフが出てくる。

だが、「ここが舞台です。」とハッキリ言えるところは無いそう。そんな中でも、大いに参考にしたという場所が「江戸東京たてもの園」。小金井市にあるこの博物館は、江戸東京博物館の分館で明治や大正時代の民家や商店などを集めて移築・復元している野外博物館だ。そこには、本作のモチーフとなった日本的な構造物が残っている。

関東大震災後に建てられた店屋は、建物の前面に、看板を兼ねた衝立のような外壁をもって造られていた。その外壁は自由な装飾で、洋風なものだったり、アーティスティックなものだったり。
昭和初期の東京下町の街並みのような風景が、本作でも感じることができる。

「江戸東京たてもの園」に保存されているのが、武居三省堂という文具店。
明治初期に創業した文具店で、中に入ると内壁一面に無数の小さな木製の引き出しが取り付けられていて、釜爺のいるボイラー室が思い出される。
当時はこの引き出しに様々な種類の筆を分類して入れていたという。

同園には「子宝湯」という銭湯もあり、富士山が大きく描かれたペンキ絵や、大型タイルで美しく豪華な上絵を描くタイル画が目を楽しませてくれる。浴室に絵を描くのは日本の銭湯に大変よく見られたことだが、本作の、油屋の風呂場の壁にも豪華絢爛な絵が描かれている。

今年の『千と千尋の神隠し』はぜひ、日本のレトロな世界観にも注目してほしい。
ジブリ映画千と千尋の神隠し』は、来年1月5日21時から「金曜ロードショー」にてノーカットで放送される。


【放送日時・作品情報】
1月5日(金)よる9時00分~11時34分 ※40分拡大
千と千尋の神隠し』(2001)※ノーカット
◆原作・脚本・監督:宮崎駿 ◆音楽:久石譲
◆声の出演:柊瑠美入野自由、夏木マリ、内藤剛志、沢口靖子神木隆之介菅原文太
(C)2001 Studio Ghibli・NDDTM
(C)Studio Ghibli

【ほかの画像を見る】『千と千尋の神隠し』(C)2001 Studio Ghibli・NDDTM

『千と千尋の神隠し』(C)2001 Studio Ghibli・NDDTM