12月8日放送の日本テレビ系ZIP!』に、A.B.C-ZのメンバーがVTR出演。12月21日にグループを脱退する河合郁人が、現在の心境や抱負を語った。

【関連】A.B.C-Z脱退発表の河合郁人、事務所の先輩たちに報告した際の反応を回想「厳しい意見も…」

12月7日~21日に帝国劇場で開催のイベント「ABC座星(スター)劇場2023 ~5 Stars Live Hours~」への出演をもってグループを脱退し、ソロとして活動していくことが発表されている河合。

現在36歳の河合は、番組インタビューの中で、「40(歳)までにMCという場所に立っていたいっていう気持ちもありますし、もっと追求していきたいなという気持ちが強くなってきて、それでみんなに話しましたね」と、脱退を決めたきっかけについて話した。

これを受けて、インタビュアーから、最初に脱退の報告を受けた時の心境を聞かれた戸塚祥太は、「青天の霹靂でした。そんなこと考えてもいなかったんで。でも、時間を追って彼がなんでそういう気持ちだっていうのも話してくれた時に、“新しい挑戦をしに行くんだ”って言う。“かっこいいな”と思って。すごい楽しみです」とトーク。

その後、河合は、「自分でその目標を掲げたからには、そこに進むために色々なことにチャレンジして行って。そしてまず、こんな状況でも僕についてきてくれているファンの方をまずは安心させるために色々と動いていこうかなっていう風に思っています」と意気込んでいた。

A.B.C-Z脱退発表の河合郁人、今後の意気込みを語る「自分でその目標を掲げたからには…」