昔は、ダイヤルアップ使用で、今思えばとんでもない料金をプロバイダーに支払っていたインターネット料金。現在、その実態はどうなっているのだろうか? ヒカリアル(東京)はこのほど、運営する情報メディア「internet-all」で、インターネットの利用料金に関するアンケート調査を実施した。調査は9月に行い、インターネットを利用している20代~80代の男女200人を調査対象とした。

 それによると、インターネット回線の月額料金は「4001~5000円」が最も多く、全体のうち35%を占めていた。2番目に多かったのは21%の「3001~4000円」。月額5000円以下の支払いが多いようだ。

【写真1】

 ちなみに、戸建てに住んでいる人のインターネットの月額料金は「4001~5000円」、マンションに住んでいる人の月額料金は「3001~4000円」が最も多いなど、マンションの方が若干ながらネット料金はかかっていない。インターネット回線に支払っている料金については、55%の人が「やや高い」「高い」と思っている。

 オプションサービスを契約している人は全体の39.6%で、電話やテレビなどをインターネットとセットで契約している人が多い。さらに、スマホとセット割を組んでいるのは約3割という結果だった。

 一方、76.5%の人がインターネット回線を契約する際に「月額料金の安さ」を重視すると回答、56.5%の人が「速度の速さ」を重視すると回答するなど、性能よりも価格を重視する傾向はあるようだ。【写真2】

インターネットの利用料金に関するアンケート 高いと思っている人が過半数