2023年もバラエティに富んだアニメが放送・公開・配信された一年になりました。忘れられない作品ができたという人も多いのではないでしょうか。

【大きい画像を見る】[2023年 一番活躍したと思う男性声優 中間結果]ランキング1位~5位



アニメ!アニメ!では毎年恒例の【アニメ!アニメ!総選挙】を今年も行います。まずは2023年を振り返って、キャラクターに息を吹き込む声優にまつわる読者アンケートを実施中です。

「声優部門」では、数多くのキャラクターを担当したり、アニメを問わず幅広いメディアに登場するなどして印象に残った「一番活躍したと思う声優」と、今年ファンになったり個人的にオススメしたくなったりした「一番“推せた”声優」を、男女別でそれぞれ投票を募っています。




11月15日から11月30日までの間に627人から回答が寄せられました。男女比は男性約35パーセント、女性約65パーセントと女性が多め。年齢層は19歳以下が約30パーセント、20代が約25パーセントと若年層が中心です。

本記事では「一番活躍したと思う男性声優」の中間結果を発表します。


■主演作のある声優陣が上位にランクイン!

第1位

現時点での1位は宮野真守。「一番“推せた”男性声優」編に続き、こちらでも暫定トップとなっています。

2023年は『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』で誰もが知るゲームの主人公・マリオ吹き替えを担当。『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』では前作から再びピーター・B・パーカー役としてスパイダーマンを演じるなど、知名度の高いキャラクターを複数担当しました。
アニメ以外でも大活躍。とくにバラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』の人気コーナー「グルメチキンレース・ゴチになります!」のレギュラーメンバーに選ばれたことには驚きの声が寄せられています。果たしてこのまま2部門制覇となるのでしょうか。

第2位

2位は中村悠一さん。

Lv1魔王とワンルーム勇者』や『アンデッドアンラック』、『The Legend of Heroes 閃の軌跡 Northern War』といった新作から、『呪術廻戦』や『おそ松さん~魂のたこ焼きパーティーと伝説のお泊り会~』などのシリーズもの、『マスターオブスキル ーFor the Gloryー』といった海外作品の吹き替えまで、数多くのタイトルに出演。
まったく異なるタイプの役柄を担当したり、現在と過去を演じ分けたりと、キャラクターの魅力を引き出す芝居について言及した読者が多かったです。

第3位

3位は梶裕貴さん。

今年はついにフィナーレを迎えた『進撃の巨人』を筆頭に、『MIX MEISEI STORY 2ND SEASON ~二度目の夏、空の向こうへ~』や『僕のヒーローアカデミア』、『悪魔くん』、『劇場版 Collar×Malice -deep cover-』など、さまざまなタイトルに出演。
NHKのドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』では自身が演じる『進撃の巨人』のエレン・イェーガーが出演するという異例の試みもセンセーショナルでした。

上位の声優陣は、2023年に主演作やそれに準じるタイトルがある顔触れが揃いました。はたして最終結果はどのような順位になるのでしょうか。

■ランキングトップ10

[2023年 一番活躍したと思う男性声優 中間結果]
1位 宮野真守
2位 中村悠一
3位 梶裕貴
4位 津田健次郎
5位 大塚剛央
5位 小林千晃
7位 河西健吾
8位 下野紘
9位 村瀬歩
10位 内山昂輝

(回答期間:2023年11月15日11月30日




■ランキングトップ20

[2023年 一番活躍したと思う男性声優 中間結果]
1位 宮野真守
2位 中村悠一
3位 梶裕貴
4位 津田健次郎
5位 大塚剛央
5位 小林千晃
7位 河西健吾
8位 下野紘
9位 村瀬歩
10位 内山昂輝
11位 櫻井孝宏
12位 神谷浩史
13位 石田彰
13位 杉田智和
15位 榎木淳弥
16位 岡本信彦
17位 石川界人
17位 江口拓也
17位 谷山紀章
20位 子安武人
20位 松岡禎丞

(回答期間:2023年11月15日11月30日

※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。
【ほかの画像を見る】中村悠一/宮野真守/梶裕貴

中村悠一/宮野真守/梶裕貴