元セクシー女優でフリーライターの「たかなし亜妖」がお届けする連載コラム。2016年に「ほかにやることがなかったから」という理由でセクシー女優デビュー。女優生活2年半が経過したところで引退を決意し、現在は同人作品やセクシービデオの脚本など、あらゆる方面で活躍中。

◆“フリーランス女優”が急増した理由

 世の中の人々は、何だかんだ言いつつもセクシー業界ネタが大好きなので、女優のSNSを覗いたことがあるはずだ。近頃は彼女たちのプロフィールで「フリー」や「女優連盟」等の言葉を目にする機会も増え、興味を示す人たちも多いだろう。

「フリー」の意味は完全にそのままで、事務所に属さず活動を行う女優を指す。気づくと推しの女優が突然退所するなど、フリーのセクシー女優は年々増加傾向にあるとか。

 古巣を離れ、新たな一歩を踏み出す人々が増えたのは「活動範囲の自由さ」「現在のフリー女優の動きやすさ」が大きく関係している。

◆事務所に属さないフリーのセクシー女優

 プロダクションに入り、メーカー面接を終え、オファーがきたところでようやくデビュー。これがセクシー女優の基本的な流れなので、華々しい活動にはプロダクションの存在が必要不可欠である。

 女優はキャリアを積めば知名度が上がり、仕事の数が増える。数か月先までスケジュールが埋まれば収入が安定し、ギャラの上乗せや金額の高い依頼もやってくるだろう。

 最近はSNSアカウントのDM解放が当たり前のため、プロダクションを経由せずに直接オファーをもらう女優も多いようだ。ここでマネージャーに相談もなしに引き受けてしまうと“闇営業”になるので大問題だが……。

 もちろん、プロダクションに籍を置く以上は必ず許可を得ないといけない。けれども“直オファー”が増えるにつれて彼女たちは「あれ、これ1人でやっていけるかも?」と思い始めるのだ。

 決心がついた女優は退所を申し出て、フリーへ転身。ビデオに出演し続けたいなら「フリーセクシー女優連盟(※)」へ加入し、第二のステージへと移っていく。

(※)同人と呼ばれるFC2個人サイト配信の作品は正規メーカーではないため、連盟に入らずとも出演は可能。ただし誰もが知る大手メーカーなど「表」の仕事を取りたい場合は、こちらの連盟への加入がマストとなる。

◆フリーになることで「事務所NG」の壁を越えられる

 業界では「事務所NG」なんて言葉がある。すべてのプロダクションに該当する話ではないが、引き受けられる女の子が少ないハードSMやフェチ色の濃いもの(汚物系など)を断り、自分たちのイメージを守るのも会社の仕事。大手・中小はあまり関係なく、所属のカラーを重視するところは、事務所NGを設定するパターンが多い。

 NGの範囲はそれぞれで異なるため、内々でタブーとされているものに触れたくなった時、演者は困り果てる。マネージャーとしてもできる限り希望に応えたいとは思っているが、妥協のしすぎはイメージ崩壊に繋がりかねない。お互いの意向がズレた時に、ふとフリーの道を考え始める女優もいる。

「だったら希望通りのことができる場所に移動すれば?」という意見が出てくるとは思うが、ニッチな仕事だけを取り揃えるプロダクションは現時点でゼロ。事務所NGの内容も面接に行かなければ分からない。

 それにどこかへ籍を置く以上は限界が出てくるため、フリーランスを選ぶ人は“事務所にいたらできないこと”がしたいのだ。事務所NGの壁を越えると自分の希望通りに動くことが可能。フリーに転身して方向性が変わり、既存のファンが減る可能性も考えられるが、その分新規の集客を見込めるので女優は好きなことに専念できる。

◆事務所に所属しないと不利な時代は終わった?

 少し前はフリーの女優自体が少なかった。なぜなら現在のようにフリーで活動する概念がなく、相当な努力がなければ仕事を取り続けるのが難しかったからだ。昔はセクシー女優の仕事=ビデオ出演くらいで、SNSもない。プロダクションに属さなければほぼ身動きが取れない状態だったと言えよう。

 やがて時は進み、セクシー女優の在り方に変化が起きる。今はSNSやYouTube、ファンサイト開設など「個人の力」を発揮できるフィールドが増え、女優という職業が大きなハンデとならない時代だ。フリーで食べていくにも困らない環境が揃ったからこそ、独立する女優が急増しているのだと思う。

 もちろんプロダクションが不必要なんて極端な話ではない。ただ一部の人間にとっては盾がなくとも十分に戦えることから、“所属し続けなければ損をする”のは一昔前の考えなのかもしれない。

◆フリーのセクシー女優ならではの悩み

 とは言っても、フリーで動く厳しさはある。今まではプロダクションと二人三脚だったのが、独立後は自分でマネージャーを雇わない限り完全に1人。オファーを受けるだけではなく、請求書の発行やトラブル対応など、今まではやらなくて済んだ仕事も続々と降りかかる。

フリーランスになったらそんなの当たり前だろ!」なんて話だが、タスクが増える負担はやはり大きい。毎月忙しく働く女優だと事務作業が疎かになりやすく、月末にヒィヒィと嘆くケースも少なくはないのだとか。

 また、悲しいかなセクシー女優には“悪いオトナ”が寄ってきやすい。正しい目と判断力を持った上でオファーを受けなければ、あっという間に搾取ビジネスにハマってしまう。

 危険を避けるためには聞いたことのないメーカーや同人作品に出ない、おいしい話に乗っからないといった対策はあるものの、悪いオトナは常に悪いコトしか考えていないので、奴らに狙われる可能性が跳ね上がるのはフリーランスのリスクである。

◆フリーのセクシー女優最大の難点

 そしてフリーのセクシー女優最大の難点が、出演できるメーカーが限られること。誰もが良く知る大手メーカーは、作品の主要キャストに必ずプロダクション所属者を配置する。諸々のトラブル防止のため「フリーにはエキストラ以外のオファーをださない」「フリーとは契約しない」というルールを掲げるメーカーも存在するほどなので、事務所を抜けたからといって100%自由に動けるわけではない。

 ただフリーに転身する女優たちはデメリットを分かった上で退所していくため、出演の規制を大きな痛手と捉える層は少ないだろう。その分他の方面での活動に注力する時間が取れると考えれば、大手への出演に執着する必要があまりないからだ。

◆今後はフリーのセクシー女優がさらに増えるかも

 今は便利なツールも多数登場し、詳しい知識がなくとも映像を簡単に作れてしまう。SNS、YouTube、配信、ファンクラブ開設、オフ会の開催etc.と活動し続ける方法はいくらでもあるため、ゆくゆくはフリーの人口がさらに増えるのではないかと予想する。

 時代の変化と共に「こうしなければならない」から「こうあってもいいよね」となったセクシー業界。まだまだ古風な部分は否めないが、多様性が業界内で広がるのはプラスなことだと私は思う。

 彼女たちがもっと働きやすくなれば新しい動き方も増えるのだろうけど、プロダクションとメーカーの兼ね合いもあり、少々難しい点でもある。今後業界にどう変化が起きるのか、温かく見守っていこうじゃないか。そのうち“フリーのトップ女優”という大きな存在が現れるかもしれない。

文/たかなし亜妖

【たかなし亜妖】
セクシー女優のフリーライター。2016年に女優デビュー後、2018年半ばに引退。ソーシャルゲームシナリオライターを経て、フリーランスへと独立。WEBコラムから作品レビュー、同人作品やセクシービデオの脚本などあらゆる方面で活躍中。

―[元セクシー女優のよもやま話]―


元セクシー女優で現在はフリーライターの「たかなし亜妖」