メイン画像

11日(月)から12日(火)は前線を伴った低気圧が本州付近を通過し、九州から関東は広く雨で、この時期としては雨量が多くなる所があるでしょう。東北や北海道は雪や雨が降りそうです。風も強まり、荒れた天気となるでしょう。

週明けは広く雨 荒天や雨量が多くなる恐れ

画像A

11日(月)は、前線を伴った低気圧が西から近づいてくるでしょう。12日(火)は低気圧が発達しながら本州付近を進む予想です。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になるでしょう。

11日(月)は九州から東海で雨が降るでしょう。太平洋側を中心に活発な雨雲がかかり、雷を伴った激しい雨の降る所もありそうです。関東も湿った空気が流れ込み、雨が降ったりやんだりするでしょう。

12日(火)も沖縄や九州から関東は雨が降り、関東でも雨脚の強まる所がありそうです。太平洋側を中心にこの時期としては雨量が多くなる所もあるでしょう。東北は雨や雪が降り、降り方の強まる所があるでしょう。山沿いを中心に積雪となりそうです。北海道は広く雪が降るでしょう。

西日本から北日本にかけて風が強まり、荒れた天気となりそうです。

水曜日 冬型の気圧配置

13日(水)は低気圧が発達しながら千島近海に進み、一時的に冬型の気圧配置になるでしょう。

北海道や東北は日本海側を中心に雪が降り、風も強く、ふぶく所がありそうです。北陸は沿岸部では雨が降りますが、山沿いを中心に雪の降る所があるでしょう。車は路面状況の変化にご注意ください。

激しい雨とは?

画像C

激しい雨は、1時間雨量が30ミリ以上~50ミリ未満の雨を表しています。これは、バケツをひっくり返したように降るイメージです。また、傘をさしていてもぬれるレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では道路が川のようになり、高速道路を走る車は、タイヤと路面の間に水の膜ができて、ブレーキがきかなくなる「ハイドロプレーニング現象」が起こるおそれがあります。

激しい雨が降ると予想される所では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分ご注意ください。

週明け 低気圧通過 荒天や雨量多くなる恐れ 九州~関東で雨 東北や北海道で雪や雨