パーソルキャリアは12月7日に、同社の運営する転職サービス「doda(デューダ)」が20~59歳のビジネスパーソン1万5000名を対象に実施した、「ボーナス平均支給額の実態調査」の結果を発表した。同調査は、8月23日9月1日の期間に行われている。

画像付きの記事はこちら




●最も支給額が高い職種は「製造企画」で174.8万円



 調査結果によれば、調査対象者のうち「ボーナスがある」と答えた人の平均支給額は107.1万円(男性121.9万円、女性77.9万円)で、前回調査(105.1万円)と比較して2.0万円上昇した。

 内訳は、冬が50.7万円でプラス1.1万円、夏が50.8万円でプラス0.7万円、その他は5.6万円でプラス0.2万円と、それぞれ前回よりも増えている。

 今回(2022年9月~2023年8月の期間)のボーナスは、前回(2021年9月~2022年8月の期間)と比較して、支給額に変化はあったかを尋ねたところ、「増えた」は34.0%、「減った」は20.7%だった。「増えた」という回答は、前年調査よりも1.5ポイント増となっている。

 1年間のボーナス平均支給額を職種別でみると、「製品企画」(174.8万円)が前回4位から1位にアップするとともに、前回5位だった「法務/知的財産/特許」(170.3万円)が2位、前回6位だった「基礎研究」(169.5万円)が3位にランクインした。

 6位の「設計監理/コンストラクションマネジメント」(162.2万円)、7位の「研究開発/R&D(IT/通信)」(160.1万円)、8位の「組み込みエンジニア」(158.3万円)、9位の「金融業界の法人営業」(154.8万円)、10位の「人事」(151.0万円)は、前回調査よりも10万円以上の大幅アップとなり、トップ10圏外からのランクインとなっている。

 年代別でみると、年間ボーナス平均支給額は30代が唯一減少したものの、20代・40代・50代では増加した。もっとも増加したのは50代で、前回調査と比較して3.3万円アップの129.5万円となっている。

 40代は112.0万円、50代は129.5万円と、40代・50代のボーナス平均支給額は100万円超に達しており、30代は99.3万円と100万円が目前に迫り、20代は70.9万円と前回調査より0.5万円増加した。

 冬ボーナスの平均支給額を年代別でみると、20代は32.3万円でプラス0.5万円、30代は46.6万円でプラス0.2万円、40代は53.0万円でプラス1.0万円、50代は62.5万円でプラス1.5万円と、すべての年代で冬ボーナスの平均支給額が増加している。
2023年のボーナス平均支給額は年間107.1万円と、前年よりも増加傾向にあることが明らかに