フレミングの法則(写真:ス―ジー鈴木氏より提供)

もしかしたら歴史に残る大研究になるかもしれません。「法則の法則」を導くのですから。

具体的には「法則の認知度の法則」をマーケットリサーチによって導いたのです。世の中にあまたある「法則」の認知度の差が生まれる背景には、どういう「法則」があるのか、今ここで明らかに!

マーケットリサーチの具体的な方法は、有名な「法則」を9つ呈示して、それぞれに「1.知っている」「2.何となく知っている」「3.名前だけ覚えている程度」「4.知らない」を聴取。そして「1.知っている」+「2.何となく知っている」の和を「認知度」としてランキング化します。

 
画像をもっと見る

■認知度Bクラスの最下位は…

法則

では早速、まずは下位、認知度Bクラスの最下位から6位を見ていきます(法則の説明については小学館「デジタル大辞泉」より)。

最下位:ランチェスターの法則(8.3%)
イギリスのエンジニア、フレデリックランチェスター(1868〜1946)による法則。「刀剣などによる戦いでは攻撃力は兵数に比例するが、銃器や航空機などによる戦いでは攻撃力は兵数の2乗に比例するという法則」ということなのですが、少なくとも日本では、実生活では使えないからか最下位に。やっぱり平和がいちばん。

8位:パレートの法則(10.1%)
「国家などの総所得の約8割は、約2割の高額所得者が担っているという法則」。あ、なんか聞いたことありますね。発見した人は、イタリア経済学者ビルフレッド・パレート(1848~1923)という人だそう。へぇ、イタリア発なんだ。

7位:アボガドロの法則(11.3%)
「すべての気体は、同温・同圧では、同体積中に同数の分子を含むという法則」。作ったのはイタリア物理学者アメデオ・アボガドロ(1776~1856)で(またイタリア発だ!)。内容は相変わらず難しいのですが、なんとなく親しみを感じるのは、名前が「アボガド」と似ているからに違いない。

6位:ボイル・シャルルの法則(18.6%)
「気体の体積は圧力に反比例し、絶対温度に比例するという法則」なのですが、そんなことより、「ボイル・シャルル」は1人の人名ではなく、ボイルとシャルルという2人だったというのが驚き。さらに驚くのは、ロバート・ボイル(1627~1691)はイギリス物理学者・化学者で、ジャックシャルル(1746〜1823)はフランス物理学者と、国も時代も違うこと。

 

関連記事:Googleアプリに大規模な不具合発生か? 「繰り返し停止」で使えないとの報告相次ぐ

■認知度Aクラス…5位はマーフィーの法則

さて、ここからは認知度Aクラスです。先に白状すれば、次の5位が1位だと予測して、かつ、これが1位だったらオチとして使えるなと思って、調査票を組んだのでした。

5位:マーフィーの法則(27.5%)
90年代前半に大いに流行った法則で、1994年には、嘉門達夫(現:タツオ)が『マーフィーの法則』という歌をリリースしたほどでした。「テレビのロードショーでイイ場面になるとニュース速報が入る しかもその内容はどうでもイイ事が多い」という歌詞にあるように、この法則はいわゆる「あるあるネタ」としてブームとなったのです。アメリカの航空工学者であるエドワード・アロイシャス・マーフィージュニア(1918~1990)による法則とされています。

ここで「シン・マーフィーの法則」を一句――「1位になるからオチに使えると思った調査項目は、決して1位ではない中途半端な結果となる」。

お粗末様でした。

 

関連記事:仲里依紗、9歳差の妹を初顔出し「レベチで美人」「仲家の遺伝子が凄い…」「モデルさんみたい」

■4位と2位は我らの青春…フレミングの法則

法則

続く4位と2位は一緒にご紹介します。

4位:フレミングの右手の法則(32.9%)
2位:フレミングの左手の法則(56.1%)

来た! フレミング。これらの法則を発見したジョン・フレミングは、イギリスの電気工学者(1849〜1945)。これはなんといっても、法則を指で体感できるところがキャッチーだったからこそ、上位に進出したのでしょう。久々にやってみましょうか。

フレミングの法則(写真:ス―ジー鈴木氏より提供)

スージー鈴木自前のエレキギターをバックにフレミングしてみたのは、エレキギターの原理は、フレミングの右手の法則に沿っているからです(電磁誘導)。みなさんもウン十年ぶりにフレミングしてみてください。青春時代に戻れますよ。

そして、そのフレミングに割りこんだのは……。

3位:質量保存の法則(41.1%)
「化学反応の前と後で、反応にあずかる物質の質量の総和は変わらないという法則」。発見したのは、フランスの化学者アントワーヌ・ラボアジェ(1743〜1794)。中身は難しいですが、それでも感覚的に分かりますよね。あとタイトルが「ラボアジェの法則」ではなく、「質量保存」と、中身を端的に示したものとなっているのも、上位に進出した理由かと。

関連記事:小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

■堂々1位は…「おめでとう、ニュートン!」

法則

そしてついに1位! これはさすがです。約7割という水準で、2位以下を大きく引き離しました。順当な結果でしょう。そして開発した人も超有名。これより「マーフィーの法則」が上だろうと予測した自分のセンスのなさを恥じます。

1位:慣性の法則(68.5%)
「外力が働かなければ、物体は静止または等速運動を永遠に続けるという法則」。開発者はもちろん、イギリス物理学者にして、天文学者・数学者でもあったアイザック・ニュートン1642〜1727)。だから別名「ニュートンの運動の第1法則」といいます。未だに忘れられないのは、電車の急停車のとき、身体が前のめりになった瞬間、「慣性の法則、キターーー!」と体感する人が多いからではないでしょうか。あと何といっても「質量保存」同様、「慣性」という名前が、中身を端的に示していて分かりやすい。というわけで、堂々の1位です。おめでとう、ニュートン

以上の結果を踏まえて、「法則の(認知度の)法則」をまとめます。

第1法則「法則の内容が、法則名に端的に示されていると認知度は上がる」
第2法則「法則の内容が、自分の身体で体感できると認知度は上がる」

ですが、強調したいのは、これです。第3法則「1位になるからオチに使えると思った調査項目は、決して1位ではない中途半端な結果となる」

ですが・ですが、このきな臭いご時世、いちばん強調したいのは、第4法則「やっぱり平和がいちばん」

 

関連記事:佐々木希いよいよ離婚か…“無職”の夫・渡部建を公開批判!?

■執筆者プロフィール

スージー鈴木

Sirabeeでは、音楽評論家、ラジオDJのスージー鈴木(すーじーすずき)さんの連載コラム【スージー鈴木のニッポンの民意】を公開しています。

 

毎回マーケットリサーチを実施し、そこから浮き彫りになる「ニッポンの民意」を世に問いていく連載です。今回は「世の中にあまたある『法則の最高認知度』を大発見」に関する調査を掲載しました。

1位は電車の中で感じるアレ 「質量保存の法則」「フレミングの法則」を超えた最高認知度の「法則」とは?