カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 クリスマスシーズン、欧米では家に飾りつけをするのがデフォとなっているがこの時期、クマがトナカイを襲うという事案が続発する。

 トナカイだけが注目を浴びているのが気に入らないのか、喧嘩を挑まれているように見えるのか、目の前にある置物のトナカイをスルーできないようだ。

 もうこれは風物詩とみなしていいのかどうかはわからないが、今年狙われたのは、ライトアップされてキラキラ光るトナカイイルミネーションだ。

 3体あったトナカイのうち1体をなぎ倒し、もう1体を倒した後、何を思ったのかクマはそれを戦利品として持ち帰ったようだ。

 

【画像】 クマがトナカイ(無機質)に襲い掛かる事案

WATCH: Florida bear attacks, takes off with reindeer Christmas decoration

 アメリカ、フロリダ州ロングウッドに住むEJ・エルビンさんの家に設置された監視カメラが、衝撃の瞬間をとらえていた。

 真夜中にアメリカグマがライトアップされたトナカイの装飾品に襲い掛かり、サクっとなぎ倒し、踏みつけていたのだ。

・合わせて読みたい→オレ、オマエ、タオス!子熊がトナカイに勝負を挑む

no title

 庭には3体のライトアップトナカイがあったのだが、クマは1匹を倒し、2匹目もいとも簡単に倒していく。

2

 次3匹目いくのか?と思いきや、クマはなぜか2匹目のトナカイに特別な関心を示したようで、クンクンとにおいを嗅いで口にくわえ、連れ去っていった。

3

 3匹目は難を逃れたようだがこの時期、クマが装飾品のトナカイに勝負を挑む事案はわりと発生しがちだ。

 これまでは空気で膨らむタイプのトナカイが襲われがちだったのだが、ライトで光タイプのトナカイたちの場合にも用心が必要なのかもしれない。

written by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

ライトアップされたトナカイに戦いを挑んだクマ。そのうちの1匹を連れ帰る