画像はイメージ

画像はイメージ

会社で仕事を頑張ろうと思っても、職場環境が最悪だと能力を発揮することは難しい。兵庫県に住む50代後半の女性(サービス・販売・外食/年収450万円)は、入社して気になったことをこのように綴った。

「新しい会社なので前向きに取り組めると入社を決めました」

しかし、実際に入社してみると「会社紹介に出ていた社員が全員いなくなっていた」。一体、どういうことだろうか。他にも引っかかることがいくつもあったという。(文:永本かおり

なぜ?「就業規則の閲覧を制限してくる」

まず、「仕事を覚えろと言うが共有しない」ところだ。一般的には、入社後に研修などの教育で仕事を学ぶことが多いが、

「先輩は自分でやる方が速いからやってしまい、後から教えるどころか別の人とお喋り。そんな状態で覚えが悪い扱いしてくる」

と女性は、まともな研修を受けられないどころか、理不尽な扱いを受けていた様子。新入社員と比べたら先輩の方が仕事が早くて当然だ。

他にも、

「就業規則の閲覧を制限してくる」

といった意味不明なルールも存在した。情報管理も杜撰だったようだ。「個人携帯に仕事のアプリを入れなくてはいけない」こと、「給与明細がいきなりメールでパスワード無しで届いた」 こと、「個人情報を書面で伝えたが再度尋ねられた」こともあったという。こういった環境のせいか、社員たちは「言葉遣いが下品」で「社外で不満」を言っているそうだ。女性は手の打ちようがなく、困り果てた様子で訴えていた。早く転職したほうが女性にとってもよさそうだ。

入社したら「会社紹介に出ていた社員が全員いなくなっていた」 残念すぎる職場