2008年投稿の初音ミク楽曲、ラマーズPによる「ぽっぴっぽー」。
 キャッチーかつ癖になる“ぽっぴぽっぴぽっぽっぴっぽー”というフレーズや、初音ミクがひたすらに野菜ジュースへの愛を歌うシュールな歌詞。そして独特のダンス動画で、ボカロきのみならず多くのニコニコユーザーに長年愛されている楽曲だ。
 ニコニコ動画にハマったことのある人なら、きっと多くの人が一度は聞いたことがある!という歌だろう。

 今回そんな「ぽっぴっぽー」が15周年を迎えたことを記念し、なんとこの楽曲を使った動画オンリー投稿祭が開催!
 歌ってみるもよし、踊ってみるもよし、演奏してみるもよし、描いてみるもよし…。
 様々な形で「ぽっぴっぽー」を用いて、多彩なクリエイティブを発揮できるイベントともなっている。

 あわせて今回「ぽっぴっぽー15周年投稿祭」を行うにあたり、楽曲の生みの親でもあるラマーズPにもインタビューを敢行!
 ラマーズP自身の音楽制作を始めとした創作メソッドや、「ぽっぴっぽー」という楽曲の裏話。そして「ぽっぴっぽー」と共にあった15年間のことなど、非常に多彩な話題を語ってもらった。

 投稿祭に関しても「このニコニコ動画で、とにかくみんなにニコニコしてもらえたら」と語るラマーズP
 興味深い話も満載となった本インタビューを、ぜひイベントともあわせて楽しんで欲しい。

取材・文/曽我美なつめ


音楽を作るのみならずクリエイティブなことが好き

──元々、音楽を作りはじめたのはいつ頃でしたか?

ラマーズP
 高校時代にガラケーでぽちぽち着メロを作っていたのが最初ですね。そこからVOCALOIDの発売を知ったタイミングで同時にDTMも初めて、ボカロ曲を投稿し始めた形でした。

──曲の着想はどんな所から得ることが多いんでしょう。

ラマーズP
 もう本当にいろいろですね。幅広い所に興味や好奇心を持って、という感じです。元々音楽に限らず創作をすること、クリエイティブなことが好きなので。ボカロ曲に関しても、去年はひたすら曲を作ることにフォーカスを当ててみよう、と思って夏頃にたくさん曲を投稿したり、一方で今年は動画に力を入れてみようと思ったりして。最近は3Dモデリングにも興味持って挑戦してますね。

──かなり実験的にクリエイティブを楽しんでいるんですね。作曲をされる中で最初に着手されるのはどこですか。

ラマーズP
 僕の場合は最初にフレーズが思い浮かぶタイプです。メロディーも歌詞も同時に出てくる感じで、その1フレーズから発想を広げることが多いです。「ぽっぴっぽー」については…当時の記憶があやふやなのですが(笑)やっぱり有名なサビ、“ぽっぴっぽー”というフレーズだったと思いますね。

──楽曲を作る時は大体どれぐらいの時間がかかるものなのでしょう。

ラマーズP
 当時は週1ペースで動画を投稿してたので…平均的に1週間ぐらいだったと思います。ぽっぴっぽーはもう少し短かったかな。5日くらいだったような気がします。
 ただ最近は曲によってかなりまちまちですね。1日でできるものもあれば数年単位かかるものもあったり、という感じでしょうか。

──なるほど。楽曲制作で作詞の際、ご自身で気をつけていることなどはありますか?

ラマーズP
 基本的に単語は連想ゲームで発想します。それと、よく独特のフレーズを作ったりしますね。オリジナルのというか、「これほんとに日本語か?」みたいな。響きだったり、直感的に素敵だなって思うフレーズを作れるよう頑張ってますね。
 一方で冒険的な言葉はなるべく使わないようにしています。普通に聞いて不愉快になるもの、攻撃的なものとか。歌うボカロたちのイメージを大事にしたいですし、何より自分が共感できないので。必要であれば使う事もありますが、そこに主軸を置かないようにはしています。

──確かにラマーズPさんの曲は、いい意味で何も考えず聴けるというか。平和な気持ちで聴ける曲が多い印象です。

ラマーズP
 あと、それぞれのキャラクターの性格の声に合うようなフレーズも意識的にチョイスするようにしてます。例えば初音ミクだと、「にー」っていう言葉が可愛く聞こえるからそこを強調したり、パ行も綺麗に聞こえる気がするから結構使いますね。ボカロ曲を作るって、キャラクターの性格と一緒に向き合って探していく作業だと思ってます。

「ぽっぴっぽー」の着想は当時流行っていたMAD動画から?

──先ほど「ぽっぴっぽー」も有名な1フレーズから作られたというお話がありましたが、そのフレーズを思いついたきっかけは何でしたか?

ラマーズP
 実は全然思い出せなくて…(笑)これは僕の予想なんですけど、当時ニコニコ動画を結構いろいろ見ていたので、それらを取り込んで思いついた「ぽっぴっぽー」だったんだと思います。特に意識したのはいわゆるMAD動画かと。あの辺りのとっつきやすさやキャッチーさを取り込むと、皆にも親しみを持ってもらえる曲になると思ったんじゃないかな。「ぽっぴっぽー」はやっぱりキャッチーだと言ってもらえることも多いので。当時は手探りで曲を作っていた部分もあるんですけどね。

──2008年頃のニコニコ動画は、いわゆる「ナイト・オブ・ナイツ」など東方アレンジ楽曲の全盛期ですね。あとはコードギアスのMADや「Under My Skin」、俗に言う“アッーウッウッイネイネ(0゚・∀・)”なども流行っていた時期です。「ニコニコ流星群」も登場した頃でした。

ラマーズP
 懐かしい(笑)あの動画はデフォルトでリピート機能もついてたんですけど、それもMADを意識しての仕掛けだったと思います。あとはコメントでしょうか。ああいうMAD動画って弾幕なんかも多かったので、そんなふうにコメントで盛り上がれる点も意識してましたね。…たぶんですけど(笑)

──“ぽっぴっぽー”というフレーズもですが、この曲といえばやはり野菜ジュースのイメージも強くて。

ラマーズP
 それもきっと思いつきですね(笑)初音ミクの発売日が8月31日なので、831でやさい…野菜といえば野菜ジュースかな、っていう連想ゲームで作詞してたかもしれないです。それぐらいのノリで作ってました。

──イラストもラマーズPさんが手がけられていますよね。あの初音ミクの独特な踊りや動きはどうやって生まれたんでしょう。

ラマーズP
 あれもそこまで深い発想はなくて、イラスト2枚で済むかな、っていうちょっとした手抜きですね(笑)あと、二次創作もしやすいかなっていうのもあったと思います。

──この曲の“本店”は初音ミクの楽曲ですが、鏡音リン巡音ルカなど、他のVOCALOIDの子に歌わせた動画もありましたね。

ラマーズP
 当時の自分のスタイルがいろんな子に歌わせたいっていうテイストだったので、その影響です。実は本店の初音ミクの動画も、今のアップ日の1ヶ月ぐらい前、2008年11月にアップして一度削除してるんですよ。音源書き出しにミスがあって、再アップしたのが今の動画になります。ちょっとした裏話ですね。
あと今は非公開にしてますけど、はっちゃけて自分が歌ってたバージョンもありました。せっかくだしあとで公開しようかな(笑)

──ぜひ!当時を知る方は皆さん喜ぶんじゃないでしょうか。懐かしの動画をこの機会に…(笑)

ラマーズP
 たぶんコメントも昔のままなんですよ。00年代の空気が封印された動画になってそうです(笑)

──貴重なネット文化の資料ですね(笑)当時の空気を知る人にとってはたまらなく懐かしい動画になっていそうです。

「ぽっぴっぽー」を通じて皆さんが好き勝手やってくれたら

── 一方で、これだけ「ぽっぴっぽー」が広まったことによるプレッシャーやイメージの固定など、そういった側面はあったりしましたか?

ラマーズP
 確かに、お仕事方面でこのテイストを求められることは多かったです。当時は曲を作り始めてまだ日も浅く技術的に追いついてない部分もあって、その面では苦労したかな、と。プレッシャーに関しては…確かに当時一気に注目度が上がって、まさに“どうしてこうなった“でしたが、メンタルも強くなったというか(笑)今はもう「そんな話もあったな」って思えるようになりましたね。

──楽曲を作る中で苦労したことや、覚えている事などはありますか。

ラマーズP
 苦労したことは特になかったんじゃないかな。どちらかというと、前後で作っていた曲がなかなか伸びなくて…苦労でいうとそっちですね。
 確か当時、初めて自分の動画が10万再生を突破し始めた頃で。こういう曲を作ったらウケがいい、こういう曲はウケが悪い、っていうのをコメントなんか見つつ分析してたんです。そうやって積み重ねたノウハウの末に、ポンッとすんなりできたのが「ぽっぴっぽー」でしたね。

──結果として、こうして15年も大勢に愛される曲となりました。それこそ直近でも、韓流アイドルを中心に「ぽっぴっぽー」がプチブームになっているようで。

ラマーズP
 SNSでたまにエゴサするんですけど「そうなんだ~」って感じで、すごく実感があるわけではないですけど。でも当時の「ぽっぴっぽー」もいろんな人の影響でブームが出来ていったので、時代は繰り返すんだなあと。世代を越えて聞いて頂けるのはやっぱり嬉しいです。

──SNSでは、当時から「ぽっぴっぽー」を知る人が驚いている様子も散見されていて。昔のニコニコ動画で流行ったキャッチーさが、今のTikTok人気に通じるのは少し面白いですね。

ラマーズP
 そうですね。

──そんな中今回の15周年企画について、最初にお話を頂いた際どう思われましたか?

ラマーズP
 もう15周年か、という感じです。あとはシンプルに面白そうだなって。この曲を使っていろんな人が盛り上がってくれたらいいな、と思いました。皆さんが出してみたい表現を、この曲を通じて好き勝手やってくれたらいいなって。

──この「ぽっぴっぽー」の15年間で、特に思い出に残っているのはどんなことでしょう。

ラマーズP
 自分の曲が初めてメジャー流通で収録されたことでしょうか。昔、VOCALOIDのコンピレーションアルバムがいろいろあったじゃないですか。その中に収録されたことはやっぱり印象に残ってますね。嬉しかったですし、自分はこの道に進んでいくんだな、という気持ちもあって。

──当時はたくさんのボカロアルバムが出ていましたもんね。私も自分で購入したり、レンタルCDショップで借りたことをよく覚えています。

ラマーズP
 自分のベストアルバムを出した事も印象的でしたね。親が買ってくれたりもして(笑)自分が音楽の道に進むきっかけのひとつに、「ぽっぴっぽー」もあったんじゃないかと思います。

──ありがとうございました。最後に今回の企画を通して、皆さんへメッセージを頂ければ。

ラマーズP
 自分がニコニコできる動画を作るのが一番なので、ぜひ「ぽっぴっぽー」を使って皆さんのクリエイティブを存分に発揮してもらえると嬉しいです。そしてニコニコ動画が元気で居続ける間は、僕もがんばって元気で居続けたいので(笑)もっと新しいことにも挑戦して、ハジけていきたいなと思います。

ラマーズP 過去曲を配信限定でアルバムリリース

#ぽっぴっぽー15周年を記念して、ラマーズPの過去曲を配信限定でアルバムリリース全22曲豪華収録!

アルバム「Re:Habilis」が12/11よりリリース。詳細は下記リンクよりチェックしてほしい

LamazeP feat.初音ミクRe:Habilis」 配信リンク


ぽっぴっぽー15周年投稿祭 詳細

「The VOCALOID Collection」 公式サイト

無料でボカロ聴くなら「ボカコレ」100万曲以上のボカロが聴ける音楽アプリ! ダウンロードはコチラ