カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 立派な角をお持ちでいらっしゃるこちらの方は、ビックホーンと呼ばれる羊の仲間、オオツノヒツジである。

 まるでシャチホコのように屋根を飾ってくれているようだが、本来こんなところに登る生き物ではない。

 クリスマスの奇跡、とでもいうのだろうか。アメリカ、コロラド州の民家の上から下々の者を見下ろしていたのである。

【画像】 屋根の上から蹄の音?見上げるとそこにビックホーン

 コロラド州デンバー近郊で、ある家族の家に珍しい訪問者がやってきた。それは何と野生のビックホーン(オオツノヒツジ)である。

 ビッグホーンは、北アメリカ大陸に生息する野生の羊の一種で、その名のごとく角が特徴で、特にオスはクルンと巻いた太い角を持つ。角の長さは最大で1mを超えることもあるそうだ。

 屋根の上から蹄(ひづめ)のような音が聞こえたたため外に出て確認したところ、そこにビックホーンの姿が!

1

 家族はすぐにコロラド州公園野生生物局(Colorado Parks and Wildlife)に通報した。

[もっと知りたい!→]ビッグホーンの群れが走っていくよ。フェンスを飛び越えようとした時に起きたずっこけ

  ビッグホーンは主に北アメリカの山岳地帯の崖や草原で暮らしているため、民家の屋根の上にいるのは非常に珍しい。

 このビッグホーンがなぜ家の屋根に上がったのかは不明だが、州当局によると、オスのビッグホーンは繁殖時期に変わった行動を起こすことがあるというので、屋根の上からメスを探そうとしていたのかもしれない。

 日本では、城や神社、寺院などの屋根の上に伝説の生き物「鯱(しゃち)」を模した装飾物「シャチホコ」が飾られるが、ビッグホーンの角のくるりん具合がシャチホコを連想させるじゃないか。

ビッグホーン1日半滞在し、家を後にする

 結局このビッグホーンゆっくりと屋根の上で数時間その見晴らしを楽しんだ後、自主的に屋根から家の2階のデッキに移動したそうだ。

3

 当局はデッキの一部を取り除いて羊が下に降りやすいようにした。結局彼はそこから降りていったが、約1日半ほど家にいたという。

・合わせて読みたい→オオツノヒツジ、男同士のガチ対決「角突き」の実況を路上からお送りします

4

 家の周辺にはトレイルカメラが設置され、羊の去り際を捉えた。当局によるとビッグホーンの健康状態は良好で、元気に野生に戻っていったという。

 家の屋根をビッグホーンが飾ることになるとは、この家族にとってはクリスマスの奇跡と言えるかもしれない。

 ビッグホーンは、アメリカの野生動物の中でも特に象徴的な存在で、その迫力ある外見が人気の動物だ。家族にとっても良い記念となっただろう。

written by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

シャチホコみたいやろ、でもヒツジなんだぜ。屋根の上に現れたビッグホーン(オオツノヒツジ)