画像はイメージ

画像はイメージ

職場で理不尽な目に遭ったら、働き続けるのもしんどいだろう。東京都の40代前半の男性(営業/年収600万円)は、職場で理不尽極まりない場面を目撃しことがあるそう。(文;長田コウ)

「出身地の方言が少し出たときに、その出身地は大嫌いなんだ。そんな方言二度と使うな!と怒られている人を見ました」

「お気に入りだけ給料アップするバカ社長」

岩手県の40代後半の女性(サービス・販売・外食/年収300万円)の職場には、理不尽な対応をする上司がいるようだ。女性は、その上司のことを「自分のお気に入りだけ給料アップするバカ社長」と嫌味を含んで表した。その態度というのは、許し難いものだった。

「一年に5回くらいしか来ないのに、仕事しないやつの評価が高い」

確かにこれではやる気がなくなりそうだ。

また、福島県の40代前半の女性(医療・福祉・介護/年収350万円)は、上司の行動が破天荒すぎて「どうしたらいいかわからず逃げ出した」経験があるという。

「『オフィス内での飲食禁止!』と強く言い出した上司が、翌日オフィスの自席でおにぎりを食べていた」

さぞかし衝撃を受けたことだろう。

キャリコネニュースでは「職場の理不尽すぎるエピソード」をテーマにアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/G1TWHA4M

「その地方は大嫌い。そんな方言二度と使うな!」理不尽すぎる理由で怒られる職場