シリーズ2700万部突破のベストセラー漫画「ゴールデンカムイ」が実写映画化。1月19日(金)より全国公開される。WEBザテレビジョンでは、本作の主人公・杉元佐一を演じる山崎賢人にインタビューを実施。原作への印象や、撮影中のエピソード、30歳を迎える2024年の目標について話を聞いた。

【撮りおろし11枚】鼻の高さが際立つ山崎賢人の横顔ショット

■それぞれのキャラクターとの対峙に魅力を感じた

――「ゴールデンカムイ」への出演が決まった時の気持ちを教えてください。

プロデューサーの松橋真三さんからお話をいただきました。そのときに「こういうふうに実写化したい」という構想を聞いたのですが、絶対におもしろくなるなと思いました。そもそも「キングダム」でもお世話になっている松橋さんが想い描く、いろんなことを乗り越えた男・杉元を演じられるのがうれしかったので「やりたいな」と思いましたね。

――もともと作品は読んでいたのでしょうか?

いえ、出演が決まってから読みました。ただ、松橋さんからお話をいただいた段階で、どんなところがおもしろいのかという要素をお伺いしたのは覚えています。実際に読んだ時は、本当にお話を聞いた通り、おもしろい作品だなと思いましたし、杉元のこともめちゃめちゃ好きになりました。

――特に好きなポイントがあれば教えてください。

各キャラクターとの関係性が好きですね。アシリパさん、尾形、白石…それぞれと対峙したときの杉元がまた全然違うなと。

例えば、アシリパさんは、子供だけど自分にはない自然の世界で生き抜く術を持っているという部分で、杉元の中にリスペクトがあると思っていて。相棒として「アシリパさん」って「さん付け」をして呼んでいるところとかは、杉元なりの距離感だと思うんです。白石に対してとは、また全然違った態度だなと。

一方で、白石とは自然界の厳しさには抗えないシーンで、ちょっとだけ意気投合するシーンもあったりして。普段は少し距離を置いているはずなのに、火がついたらふたりではしゃいで喜ぶシーンとか、すごく好きでした。

■杉元を演じる上で、とにかく体を大きくした

――杉元を演じる上で、準備しなきゃいけないなと思ったことはありますか?

とにかく体をデカくしよう、と。それから、メンタル。杉元は不死身の杉元と呼ばれるくらいの男なので、そういう生命力の強さみたいなところは、心身ともに持っている必要があるというか、佇まいで見せられたらいいなと思いました。

それから、何人も人を殺してきているので、触れたら危険な匂いじゃないですけど、1個1個の動作に怖い落ち着きとかがあればいいのかなって、自分の中では考えていましたね。

――具体的には、どんなことをしましたか?

筋トレです。ウエイトトレーニングをして、軍事監修者指導のもと、アクション練習もして。ちゃんと動ける筋肉になれたかなと。

――軍事監修者のよるアクション練習もしたんですね。

はい。杉元の背景を考えた時に、動きが染み込んでいることが、大事かなと。模擬銃を買って、装填を何回も練習したり、家でやったりもしました。スムーズに動けないと、違和感があると思ったので。

――ビジュアル面でのこだわりはありますか?

何回も衣装合わせをさせていただきました。戦地をくぐってきた軍帽と、マフラーも。マフラーの色味や模様の感じも、映像化する上でベストなものを何度も合わせましたね。中に着ている着物もそうですし、コートもそう。ちょうど和と洋が入れ替わる時期なので、すごくすてきでおもしろい装いになっていると思います。

■夢はハリウッド作品への出演

――今回は、物語の舞台ともなっている北海道での撮影だったとお伺いしているのですが、いかがでしたか?

やはり過酷でした。たくさんケアしていただいて、安全面に気を配っていただいたからこそ、実現したなと。馬ゾリに引きずられるシーンは、実際に引きずられたのですが、多少のケガは良しとして、大ケガはしないようにちゃんと動線を確認して挑みました。

ただ、雪が降ってきたときに、普通だったら「わっ、ちょっと厳しいな」となるところを「ゴールデンカムイらしくなってきたじゃん」とみんなで楽しんだ空気感はとても楽しかったですね。

――撮影の合間で、北海道名物を食べたりはしたのでしょうか?

はい! ジンギスカンお寿司もとてもおいしかったです。「今日終わったらジンギスカン行くぞ」って言いながら、撮影していたので、撮影を頑張るモチベーションにもなっていましたし、キャストのみんなで行ったのも思い出です。

――映画の公開が1月なので、2024年の目標もお伺いしたいです。

ゴールデンカムイ」をたくさんの人に見てもらうこと、ですかね。それから、30歳になるので、30歳までに何か目標を決めることを目標にしたいなと思います。

――今後出てみたい作品はありますか?

日本人役でハリウッド作品とかに出たいですね。「スターウォーズ」のような壮大な世界観のものに。ただ、正直なところ、仕事のモチベーションは、どんな作品に出るかということよりも、人との縁や、繋がり。あとは「おもしろそうだな」と自分が思えるかどうかの方が重要だなと思っています。

山崎賢人の「崎」は、正しくは「たつさき」

アシリパの「リ」は小文字が正式表記

◆取材・文/於ありさ

撮影/友野雄

映画「ゴールデンカムイ」で主演を務める 山崎賢人/撮影=友野雄