週刊文春』(2023年12月27日発売)にて、2015年に芸人主催の飲み会に参加した女性がダウンタウンの松本人志から性加害を受けたという告発がありました。


これを受け、所属事務所の吉本興業は週刊誌に対しての法的措置を検討。松本人志本人も裁判に注力するため、当面の間は活動を休止する意向を示しました。




そうなると必然的にダウンタウンのコンビとしての活動もストップすることになります。お笑いコンビとして他の追随(ついずい)を許すことなく、不動の地位を確立してきたダウンタウン。その王座を一時的にでも明け渡すことになった今、いったいどのコンビが「ポスト・ダウンタウン」に名乗りを挙げるのでしょうか。


今回は30代&40代女性たちにアンケートを実施(※)。松本人志の休業で勢いを伸ばしてほしい「ポスト・ダウンタウン」コンビを調査しました。まずは、10~4位まで一気に紹介!


M-1審査員や『ジョンソン』センターコンビがランクイン
==========
松本人志の休業で勢いを伸ばしてほしい「ポスト・ダウンタウン」コンビは?(複数回答)


10位 アンタッチャブル 11.5%
同率8位 オードリーシソンヌ 12%
7位 中川家 16%
同率5位 かまいたちチョコレートプラネット 19.5%
4位 博多華丸・大吉 24.5%
==========
テレビのゴールデンでお馴染みのメンバーがずらりと並ぶ中、ひと際目をひくのは7位の中川家。今やNGKのトリを飾るほどの日本トップクラスともいうべき実力派漫才師ではありますが、その分バラエティタレントとしてのイメージは薄いような気がします。


ただ、ここでふと頭をよぎるのが、年末の風物詩となったM-1グランプリの審査員の件。2024年に松本人志が出演できない可能性を考えると、あの立ち位置に繰り上がるのは礼二なのでは……?そんな予想の延長上に中川家の名前がコンビとしても挙がったのかもしれませんね。




5位には以前からポスト・ダウンタウンの呼び声も高かったかまいたちがランクイン。『リンカーン』(TBS系)の後継番組『ジョンソン』(TBS系)でも、ダウンタウンのポジションであることを自ら示唆していたので、その印象の強さから多くの票を集めたのではないでしょうか。


特に山内は例年キングオブコント決勝の審査をしていると同時に、今年はM-1グランプリ敗者復活戦の審査員も務めました。今年は本戦の審査員にも名を連ねる可能性を秘めており、松本人志以外で初めての2大賞レース審査員就任も有り得るのでは?




同率5位のチョコレートプラネットは、テレビのバラエティ番組だけでなく、YouTubeでも強いコンテンツ力を見せつけているコンビ。「悪い顔選手権」や「マネーのクズ」など、名企画を続々と生み出してきた彼らなら、テレビとは違うプラットフォームで新たな笑いを作り上げてくれそうですね。


それでは、注目のトップ3は……?!


◆3位 バナナマン 26.5%
3位はバナナマン!設楽は『ノンストップ!』(フジテレビ系)で司会を務めたり、日村は俳優としても評価されていたり、それぞれのフィールドでも活躍中。とはいえ、二人揃ってのレギュラー番組の多さには目を見張るものがあります。




近年はバラエティ番組のMCがメインになっていますが、『キングオブコントの会』(TBS系)などで時おり見せてくれるコント師としての実力も顕在。今後、二人のネタを見られる場をもっとテレビでも増やしてくれることを願います。


◆2位 千鳥 32.5%
2位は千鳥!破天荒なのに誰からも愛される、最後の昭和的芸人・大悟と、柔らかな物腰でありつつ鋭いツッコミを繰り出すノブのコンビバランスの絶妙さには、「ポスト・ダウンタウン」としての風格が漂っているように思えます。




深夜に下品な企画をやっても、女性問題を起こしても、ギリギリのバランスで保たれている好感度の高さもお見事。コンプライアンスばかり叫ばれる今の時代、あえてそこを綱渡りで切り抜けていくコンビはもはや彼らしかいないのではないでしょうか。


◆1位 サンドウィッチマン 43.5%
松本人志休業中『代役してほしい』ランキング」でもコンビ揃っての3位にランクインしていたサンドウィッチマンが、ダントツの第1位を獲得しました。



好感度の高さ、スキャンダルのなさ、コンビの関係性の良さ、そして純粋な面白さ。恐らく彼らは今の時代に最もマッチするタレント像であり、求められているお笑いコンビ像でもあるのでしょう。きっと需要は今後さらに高まっていくのではないかと予想されます。


◆11位以下の注目コンビは……
==========
11位 さまぁ~ず 10.5%
同率12位 さらば青春の光見取り図 7.5%
14位 フットボールアワー 7%
同率15位 ナイツ霜降り明星 6.5%
17位 ハライチ 6%
同率18位 ニューヨークアンガールズ 5%
20位 千原兄弟 4%
==========
11位以下では、ベテラン勢と新世代中堅組が混在。ここで注目したいのが、12位のさらば青春の光や15位の霜降り明星など、炎上やスキャンダルを経てもなお活躍を続けているコンビの名前が挙がっていること。


世間の目を意識して品行方正でいすぎるよりも、この二組のようにイメージダウンを逆手にのし上がっていくスタイルも、今の時代の芸能界サバイバル術としてはアリなのかもしれませんね。




※【調査概要】
調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30~49歳女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2024年1月16日
有効回答者数:30~49歳女性200人


<文/もちづき千代子>


もちづき千代子】フリーライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像エディター・メーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を開始。度を超したぽっちゃり体型がチャームポイント。Twitter:@kyan__tama



(画像:ダウンタウンDX Instagramより)