川栄李奈が主演を務める新水曜ドラマ『となりのナースエイド』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第3話が今夜24日に放送される。

【写真】戸塚純貴が相馬(矢本悠馬)の友人・雄二を演じる 『となりのナースエイド』第3話場面カット

 本作は、現役医師のベストセラー作家・知念実希人×3人目のバナナマンと呼ばれるコントの名手で脚本家のオークラが仕掛ける、一癖も二癖もある病院ライフエンターテインメント。明るく猪突猛進型で、患者の心に寄り添いすぎるほど寄り添う、新米ナースエイド(看護助手)の桜庭澪(川栄)。そんな彼女は、ある想定外の秘密を抱えていた。そして、そんな澪と時にぶつかりながらも時に認め合い、まるでコインの表と裏のような存在になっていく、変わり者のイケメン天才外科医・竜崎大河(高杉真宙)にも壮絶な過去が隠されていた。

第3話あらすじ

 「姉は…シムネスだったんです」病院からの帰り道、澪は今まで秘密にしてきた過去を大河に打ち明ける。半年前に命を落とした姉・唯(成海璃子)のこと、自分のことを“人殺し”と言った理由、そしてなぜナースエイドとして星嶺医大にやって来たのか…。

 全てを告白し寮に戻った澪を待ち受けていたのは、乱雑に荒らされた自分の部屋。留守の間に泥棒に入られたようで、なぜか机の上に置いていたはずの“ノートPC”だけが盗まれていた。警察が調べる間、部屋に入れなくなってしまった澪は、隣に住む大河の部屋に一晩泊めてもらうことになる。

 翌日、同僚たちは澪の“お泊り事件”を知る。晴美(水野美紀)と夏芽(吉住)はベタなラブコメ展開に興味津々。一方、澪に想いを寄せる相馬(矢本悠馬)は気が気でない。

 その夜、澪たちは居酒屋『乙女』に立ち寄り、相馬の大学時代の友人・内藤雄二(戸塚純貴)と鉢合わせる。相馬と雄二は口下手同士仲が良かったが、会うのは2年ぶり。聞けば、雄二は当時付き合っていた恋人・伊織(浅川梨奈)と別れてしまったらしい。「なんで?あんなに好きだったのに…」と、相馬が理由を尋ねた途端、雄二は急に人が変わったように大声を出して、「俺はまだ伊織ちゃんのことが好きなんだよ!」と叫び始める。

 しばらくして我に返った雄二は、叫んだ記憶が全くないと言う。実は最近、職場でも同じように突如豹変し、先輩に暴言を吐いてしまったらしい。念のため星嶺医大で検査を受けた内藤を待ち受けていたのは、衝撃の検査結果だった。

 そんな中、突如澪の前に、姉の死に関係する“ある人物”が現れる。

 新水曜ドラマ『となりのナースエイド』は、日本テレビ系にて毎週水曜22時放送。

新水曜ドラマ『となりのナースエイド』第3話より (C)日本テレビ