Cartoonがパーソナリティを務めるinterfmで放送中のラジオ番組「sensor」(毎週金曜19:00-22:00放送)。番組コーナー「NY Future Lab」では、これからの時代の主役となる「Z世代」と「ミレニアル世代」にフォーカス。アメリカの若者たちが普段何を考え、何に影響を受け、どのような性質や特徴があるのかなどについて、Z世代・ミレニアル世代評論家のシェリーめぐみ座談会形式で彼ら、彼女らの本音を引き出していきます。

1月5日(金)のテーマは、「アメリカの2024年は大統領選の年。バイデン氏の若者支持は下がり、トランプ氏が上がっているのはなぜ?」。「NY Future Lab」のメンバーが、現職のバイデン大統領とトランプ前大統領一騎打ちが予想されるアメリカ大統領選について、思いを語り合いました。

※写真はイメージです


◆若者の失望が“バイデン離れ”を起こしたのか?

アメリカにとって、2024年は大統領選を控えた特別な年です。11月の本戦では民主党の現職バイデン大統領共和党のトランプ前大統領の対決が予想されていますが、最終的な候補者は各州での予備選で決まります。先陣を切る、アイオワ州の共和党党員集会は1月15日に迫っています。

前回、2020年の大統領選挙でバイデンがトランプに勝てたのは、Z世代を中心とした若者票が大きく伸びたことが要因の1つでした。ところが現在、若者の支持率のゆくえはトランプに移っているというデータが次々と発表されています。

NBCニュースの全米世論調査によると、18歳から34歳の若い有権者のあいだで、トランプ前大統領の支持率が46パーセントに対し、バイデン大統領は42パーセントという結果に。僅差とはいえ、なぜ若者の支持はバイデンからトランプに移行したのか? ラボメンバーたちが理由を推測しました。

メアリー:これって、本当に正確な情報なのかな? 多くの若者は民主党支持で、共和党がやっていることに反対するために選挙に参加しているよね。特に、中絶の権利を取り戻すために行動している。この結果を見ると、誰がこの世論調査に参加しているのかよくわからない感じ。

だけど、個人的にはバイデンの人気が下がっているのはわかる気がする。彼が高齢なことも大きいよね。トランプ対バイデンって考えたときに、「トランプのほうが面白いから」という理由で支持されているのかもしれない。あとは、パレスチナ危機も大きいよね。

ヒカルパレスチナ危機は大きいと思う。バイデン政権がイスラエルを強く支援しているから、それで若者がバイデン対する嫌悪感を募らせているんだ。

ミクア:バイデンに関しては、最初はみんなすごく希望を抱いていたんだよね。大統領に就任したての頃は、ある程度の期待があったけど、実際には多くの人々を失望させてしまった。多くの公約をしたけれど、たとえば学生ローン返済の救済措置は本当に実現されたのかな?

メアリー:ある程度はね。実行はしたけれど、後に撤回せざるを得なくなった。それじゃあ意味がないでしょう?

ミクア:トランプについては最初から失望していたけれど、バイデンに関しては期待があったからね。

ヒカル:「バイデンかトランプか」という二者択一しかないために、二大政党制は既に崩壊している。うまく機能していないと言う人もいるよね。第三の候補者を探す必要があるとも言われているよ。

バイデンが期待に応えてくれず、失望を抱えた人たちが増えたことがうかがいしれます。バイデンが掲げた学生ローンの救済は大きな公約でしたが、保守化した最高裁の差し止めを受け、一部を除き実現が頓挫している状況です。現状を生み出したのはバイデンではありませんが、期待した若者の失望は大きかったと言えます。

また、気候変動対策についても、スピード感を求める若者には“手ぬるい”と感じさせています。さらには、イスラエルパレスチナの紛争において、バイデンイスラエルを一方的に支持したことにより、若者が「多くのパレスチナ市民の犠牲を許した」と受け取る結果となりました。

メンバーの発言にもあるように、民主党共和党に期待が持てず、第三党候補者に希望を見出す人たちも出てきているのが今回の大統領選です。

(左から)ミクア、シェリー、ヒカル、ノエ、シャンシャンメアリー/©NY-Future-Lab


ニューヨークZ世代はトランプに投票したくない?

現在、4つの刑事裁判の被告でもあるトランプ。ネガティブな要素が多いなか、なぜ支持率は上がっているのでしょうか? ラボメンバーに、「バイデンとトランプどちらに投票する?」と問いかけてみました。

ミクア:トランプには投票できないかな。

メアリー:そうだね。他に選択肢はないから、仕方なくバイデン

ノエ:バイデンとトランプで選ぶなら、バイデンかな。基本的な価値観が僕に近いから。だけど、ベストの選択ではないよ。なぜなら、彼はますます歳をとるわけだし、パレスチナの状況に対する彼のやり方には嫌悪感がある。

メアリー:でも、彼は労働組合を支持した最初の大統領のひとりでもある。それはなかなかよかったと思うな。

シェリー:では、結局誰が勝つと思う?

ノエ:おそらくトランプだね。なぜなら、もともと接戦だったから。パレスチナの問題が起こる前から接戦だったという意味だよ。その上で、これまでバイデンを支えてきた多くの若いリベラル支持者が離れている。一方で、全ての白人至上主義者、人種差別主義者、保守的な白人は、みんなトランプ支持の立場を変えないでしょう。

メアリー:私の予想はバイデンかな。多くの人は中絶問題などに基づいて投票しているから。まだバイデン寄りだと思う。ただし、ガザでの出来事に対する自分の立場をはっきりさせるために棄権する人も多いから、予想は難しい。

ミクア:わからないけど、すごい接戦になると思う。棄権する人が増えれば、トランプが勝つ可能性もあると思う。なぜって、彼の支持者は何がなんでもトランプを支持するから。

ラボメンバーでトランプに投票する人はゼロ。だからといってバイデンを全面支持しているわけではなく、どちらの勝利も予測できませんでした。

若者バイデン支持から離れた大きな原因は、パレスチナ情勢にあります。11月の大統領選までに事態が収束すれば、若者票がバイデンに戻る可能性があります。また、アメリカの若者にとっては妊娠・中絶の権利に対する関心も高いです。

Z世代評論家のシェリーは「トランプ氏がきっかけで覆された、中絶の自由を取り戻すため、バイデンに入れる人がさらに増える可能性があります」と説明。

さまざまな要因によって揺れ動くバイデン支持者に対し、トランプ支持者は何があっても揺るがないとZ世代は分析。トランプの白人至上主義や、2016年の大統領選から使っている標語「MAGA(Make America Great Again)」によって、支持者の思いを強固なものしていると考えているからです。

しかし、トランプ支持が崩れる可能性があるのは、4つの刑事裁判の行方です。トランプ側の引きのばし作戦で選挙までに決着がつかない可能性があるため、バイデンを嫌って棄権したり、第三党に投票したりする人が増えればトランプが勝ちやすくなります。

シェリーは「接戦ではあるけれども、まずは15日のアイオワ共和党党員集会の結果に注目したいと思います」と語り、話題を締めくくりました。

<番組概要>
番組名:sensor
放送エリア:interfm
放送日時:毎週金曜19:00-22:00放送
出演:Cartoon、シェリーめぐみ
番組Webサイト: https://www.interfm.co.jp/sensor/
特設サイト:https://ny-future-lab.com/


Z世代の深刻な「バイデン大統領」離れ アメリカZ世代はバイデンに幻滅?でもトランプには投票したくない?