2015年1月31日2月1日に千葉・幕張メッセにて開催された闘会議2015。2日目にはニコニコ自作ゲームフェス3で五冠に輝いた「アクションモグラ」開発者クロボン氏への独占インタビューに成功。ゲーム開発の裏側などについてお話を聞きました。

SAMCO@斉藤(以下、斉藤):闘会議2015・公式ユーザー記者SAMCO@斉藤です。本日はよろしくお願いします。闘会議の感想はいかがですか? 

クロボン:「とにかく人が多いなー」と。ゲームイベントといえば東京ゲームショウなどがありますけど、そういったイベントよりも、皆が一つになっているような印象を受けました。ゲーム実況を見る人ばかりかと思っていたのですが、そんなことはなかった。自分で実況をする人、実況者と一緒になってゲーム実況する人もいた。「見るだけのイベントかな」と思っていたので、驚きました。一体感があって凄かったです。

斉藤:そうですねぇ、私もそう思いました。ところで、ニコニコ自作ゲームフェスに応募したきっかけって、何だっんですか?

クロボン:実は...自作ゲームフェスの1回目と2回目は、そもそもそんなフェスがあることす知らなかったんです。3回目については、ネット上でたまたま知りました。

斉藤:え?そうだったんですか?

クロボン:はい。実を言うと...あの頃、僕は「車買いかえようかな」と思っていて...。そこで、「ゲームフェス大賞の賞金30万円を車の頭金にしよう」と思いつきました(笑)。ちょうど作りかけで投げ出したゲームがあったので、続きを作って締め切りまでに応募して「大賞を取ろう!」と思ってました。そんなわけで、実はお金目当てだったんです...ホントすみません...(笑)

斉藤:すごいカミングアウトですね(笑)。でも「アクションモグラ」は多くの人に受け入れられました。また、ゲーム実況も多くされていますね。

クロボン:自分のゲームが実況されるのは、嬉しかったですね。僕が「ここで引っかかるだろう」と思っていた罠にまんまと引っかかっていたりすると、ちょっと嬉しかったです(笑)。最近、「ゲーム実況」というジャンルがちゃんと確立されたじゃないですか。ゲームって、これまではプレイするしか楽しみ方がなかったんだけど「プレイしてる人を見る」っていう楽しみ方が新たに加わったのは良いことだと思います。

斉藤:なるほど

クロボン:たとえば、野球に例えてみましょうか。野球って、実際にプレイできなくても「観戦するのが好き」って人もいますよね。野球って、最初は実際に野球をプレイする人達しかいなかったはず。でも、次第にプロ野球ができて、「観戦して楽しみたい」という人も出てきた。実況も、プロと呼ばれる人たちがやって、それを楽しむというスタイルが出来上がった。ゲームだって同じような感じでも良いんじゃないかと思います。

斉藤:面白い例えですねぇ。実際に「ゲーム実況」を意識してゲームを開発する事はありますか?

クロボン:基本的には、僕は「意識はしたくないな」と思うようにしているんですが...。ただ「アクションモグラ」に関してはニコニコゲームフェス3に応募するということで、若干は意識しました。

斉藤:なるほど

クロボン:でも、あんまり意識しすぎると「ゲームとして面白くなるじゃないか」とも思います。基本的には、一人でただ黙々とプレイして楽しいものを提供していきたいなと。

斉藤:ふむふむ。

クロボン:「ゲーム実況を意識する」というのは、「理不尽な要素を入れる」ことだと思うんです。たとえば「アイワナ」(「I WANNA BE THE GUY」の略称。2008年リリースされたアクションゲーム。いわゆる「死にゲー」として知られる)とかは、とても実況向きだと思うんですよね。

斉藤:そんなゲームもありましたね(笑)

クロボン:でも「アイワナ」って、一人でやってると、ただイラつくだけじゃないですか(笑)。あえて、理不尽な要素を入れてゲームバランスを少し崩した方が、実況向けになることもあると思うんです。もちろん、ゲームバランスが良い実況向けの物もありますけどね。

斉藤:そうですね。

クロボン:若干は理不尽な要素を入れて、実況者が「うわーー!!」って反応できる場所はいくつか用意しました。でも、そのせいでゲームバランスを崩壊させてしまって、一人でやる時にやる気をなくしてしまうにはさせないように気をつけています。きちんと「死んだら自分のミスだ」と思えるように設計はしています。

斉藤:クロボンさんは8年近くも、モグラ一筋のアクションゲームを作り続けていますが、次にゲームを作るとしても、やはりモグラアクションゲームでしょうか?

クロボン:僕がモグラばかり出す理由は、キャラクター考えるのが面倒くさいからなんです(笑)。一から考えるのが嫌いなので、結局モグラにしちゃう。あのモグラは「たろう」という名前なんですけど、いまいちヒットしていません...。「アクションモグラ」でようやく認知された感はあるので、別のキャラも何体か考えてはいます。なので、次はモグラにはならないと思います。

斉藤:イメージしている動物とかありますか?

クロボン:ウサギとかもあります。耳が伸びるウサギ。耳を伸ばして攻撃したり、耳で空を飛んだり‥‥なんて事を考えています

斉藤:好きなフリーゲームはありますか?

クロボン:僕、あんまりフリーゲームやらないんですよ。

斎藤:フリーに限らず自作ゲーム全体でも構わないですよ?

クロボン:フリーゲームの醍醐味って「これ、タダで遊べるの?」って思わせることかなって。「え?これお金要らないの?」「タダで公開されてるの?」「これ、金取れるやん」って言わせたいなって。

斎藤:それをあえてお金取らないでフリーで遊んでもらう意図って何ですか?

クロボン:多くの人にやってもらいたいので。ゲームって、みんなに遊んでもらうのって大変なんですよ。僕も、今回賞を頂いたんで知名度が上がったりしましたけど...。ゲームを作って、自分のホームページとかネット上で公開しても、多くの人に遊んでもらえるかというと、なかなか難しいですね。有料になると余計に難しくなる。でもそんな中でも「これがタダで遊べるなんて嬉しい」「お金出してでも遊びたいな」って、ちょっとでも思ってもらえたら嬉しいです。

斉藤:「アクションモグラ」にも見られるような、クロボンさんらしいこだわりが感じられるお話を伺えて嬉しかったです。本日はありがとうございました

クロボン:こちらこそ、ありがとうございました

◆◆◆

このニュースは、闘会議2015・公式ユーザー記者SAMCO Softwareグループ代表者:SAMCO@斉藤さんメンバー仏茶さん藤花あやさんSAMCO@鈴木さん)からご提供いただきました。他のユーザー記者によるニュースこちら