カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 犬はとても仲間思いな生き物なんだ。困っている仲間がいると、見捨てたりせずに何とか助けようとする。そのためには、通りすがりのニンゲンたちに助けを求めることも躊躇しない。

 今回紹介する動画では、洪水に襲われた村に取り残されていた犬が、ボートで訪れた住人さんに「仲間を助けて!」と救助を求める様子が写っているんだ。ぜひ見てほしいな。

Dogs are family and should be treated as such ❤️

 この日撮影者さんたちは、洪水に襲われた村へボートで戻り、私物を探して持ち帰ろうとしていた。そこへ1匹の犬が、泳いで近づいて来たんだよ。

20240211_080338 (2)_batch

 ボートの上に救い上げると、犬はもっと向こうに進むよう、撮影者さんたちに全身で訴えかけたそうだ。

20240211_080338 (4)_batch

 この先に何があるんだ?と思いつつも、ボートを進めた撮影者さんたちは、水に浸かったドアの向こうに、もう1匹犬がいるのを発見した。

20240211_080338 (5)_batch

 そのドアはロープでふさがれており、犬は自力で外へ出ることができないようだった。犬を傷つけないように、足と手を使って扉を目いっぱい開こうとする撮影者さん。

20240211_080338 (6)_batch

 そして2匹目の犬も無事に救出に成功した。

20240211_080338 (7)_batch

 どうやらこの犬たちは、飼い主が避難する際に置いてきぼりにされたようなんだ。最初の犬は仲間が外に出られないため、ちょうどやって来た撮影者さんたちに助けを求めてきたんだね。

 もう少し救出が遅れたら、犬たちのいのちにも危険が及んでいたかもしれない。犬の必死の訴えを理解し、助けてくれた撮影者さんたち、本当にありがとう!

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

「まだ友だちが残ってる!」洪水の中救出された犬、仲間を助けてほしいとさらにボートを誘導する