へずまりゅう

迷惑系YouTuberへずまりゅうが12日、自身の公式X(旧・ツイッター)を更新。食べ物を粗末にする動画を投稿したYouTuberに苦言を呈した。

■大物YouTuberにブチギレ

「被災地のことを何も考えずに食べ物を無駄にする動画を上げたYouTuberへ物申す」と題した動画をアップしたへずまは「とある大物YouTuberにブチギレてます」と切り出す。

そのYouTuberとは、オセロラファエルのこと。今月7日、オセロはYouTubeに「ラファエルのお店のカレーパンを本人の前で潰してみた!」という、タイトル通りの内容の動画を公開していた。

 

関連記事:へずまりゅう、被災地での炊き出しめぐりアンチが“嘘” 「するわけない」

■打ち合わせしていた

令和6年能登半島地震で甚大な被害を受けた石川で、炊き出しを続けているへずま。「食べたいもの食べられない人ってたくさんいる」と現地の状況を知っているだけに「あの動画を見てすげー腹が立った」と怒りをにじませる。

「だから、オセロたくみなかうにDMして聞いた。そしたら打ち合わせして、カレーパンを無駄にする動画を撮っていたらしい」と証拠としてやりとりも公開。ラファエルドッキリを仕掛けられたわけでなく、“共犯”だったことを明かした。

 

関連記事:へずまりゅう、被災地の“8割の女性が要望”物資届ける 「喜んでいただけました」

■「子供がそれ見てどう思うん?」

「こんなにも影響力がある人がこんなしょーもない動画を出して、本当に残念です。お前ら実際に被災地に行ったじゃろ? ボランティアして何か感じるものなかったん? 子供たちがそれを見てどう思うん?」とあきれる。

そして「こういう動画を出したら傷つく人がおるとか。YouTuberならそれくらい考えろよ!」と喝を入れた。

関連記事:へずまりゅう、被災地にいたマナー悪いマスコミに苦言 「炊き出しを食べたり…」

■被災地で炊き出し続ける中…

へずまりゅう、食べ物粗末にした“大物YouTuber”にブチギレ 「DMして聞いた」