株式会社ニジゲンノモリ(本社:兵庫県淡路市、代表取締役社長:貞松宏茂)が運営する大人気アトラクション「ゴジラ迎撃作戦」では、「シアター」「シューティング」「ミュージアム」「特撮スタジオ」とともに、2つのジップラインコース「体内監視コース」「体表監視コース」をお楽しみ頂けます。「体内監視コース」では、全長約120mの実物大ゴジラの口から体内に侵入することができ、「体表監視コース」では、ゴジラの真横スレスレを滑空することができます。どちらのコースも通常は1名ずつのスタートとなっておりますが、イベント期間3月2日(土)~6月30日(日)限定で、「体内監視コース」のみ2名同時に並んでジップラインをスタートすることができます。
カップルで、友達同士で、スリル満点のジップラインで滑空している様子を撮影しあっちゃおう!2人並んで挑戦すれば、お互いのあんな顔やこんな顔・・・最高の絶叫シーンが撮影できること間違いなし!ニジゲンノモリ「ゴジラ迎撃作戦」で最高の体験と映像を楽しもう!

■概要

実施期間:

3月2日(土)~6月30日(日)
料金:「ゴジラ迎撃作戦」の入場料に含まれます。

※アトラクション利用料/大人 3,800円 小人 2,200円

対象:

ゴジラ迎撃作戦」チケット購入者

内容:

期間中限定で、「体内監視コース」のみ、2名同時に並んでジップラインをスタートすることができる

備考:

ジップライン中の撮影には、専用の「ゴジラスマホケース」を貸出しいたします

メンテナンスによりシングルラインになる可能性もございます

URLhttps://nijigennomori.com/godzilla_awajishima/

TM & (C) TOHO CO.,LTD.

  • (参考)「ゴジラ迎撃作戦」概要

ゴジラ迎撃作戦』は、淡路島に上陸した世界最大、全長120mの実物大ゴジラをテーマにし、強大さと迫力を真に体感できる世界唯一のエンターテインメントアトラクションです。

参加者は国立ゴジラ淡路島研究センターの一員となり、細部までこだわり抜いたゴジラの体内に参加者が突入する「ジップライン」や、飛散したゴジラ細胞を殲滅(せんめつ)する「シューティングゲーム」などのミッションに挑みます。
その他、常設では世界初となる「ゴジラミュージアム」や、小さなお子さまを対象に、約50種類の怪獣ソフビなどが 遊び放題のキッズエリア「カイジュウノモリ」などの室内アトラクションも充実。さらに、国立ゴジラ淡路島研究センターのグッズをはじめ、『ゴジラ迎撃作戦』の世界感あふれるフード等も販売致します。

ゴジラ」の70周年を記念し、歴代の「ゴジラ」映画作品に登場した怪獣たちが大集合したゴジラコラボルーム『怪獣ランド』を2023年12月1日(金)よりオープン。

室内には、歴代ゴジラと人気怪獣たちが描かれたインテリアやタペストリー、窓越しに見える実寸大ゴジラの一部、さらに、それらに光の照射で見え方が変わる特殊加工を施すことによって、昼・夜で異なった室内の雰囲気をお楽しみいただけます。室内に隠れた全ての怪獣たちを見つけ出すことで豪華特典が手に入る“特別任務”に挑戦していただくなど、昼夜通してお愉しみいただけるお部屋です。

https://awaji-grandchariot.com/room/3416/

  • 株式会社ニジゲンノモリ 概要

配信元企業:株式会社ニジゲンノモリ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ