代替テキスト

京都府にある天橋立を一望できる展望台で「股のぞき」をしていた男性が山の斜面に転落し、ケガをする事故が発生した。

各メディアによると、事件が起こったのは2月15日午後2時半ごろ。50代の男性が会社の同僚にふざけて体を押され、約15メートル下まで転落したという。男性は胸を強く打ったが、命に別状はないという。

観光名所で起きた今回の事故。実はこの様子がライブカメラの映像に捉えられており、ネット上で注目を集めている。

「YouTubeで閲覧できる天橋立傘松公園にあるライブカメラに事故の瞬間が捉えられていました。映像からは、男性が天橋立ではなく、背後にいる同僚たちを覗くように、”逆股のぞき”をしていることがわかります。かけよった同僚が男性のお尻を押したところバランスを崩して転落してしまったようです」(WEBメディア記者)

現在YouTube上ではその様子を確認することはできない。しかし、この部分を切り取った動画がSNSで拡散されており、衝撃が広がっている。

《こんなん怖すぎやろ 実際天橋立の股のぞきのとこ立ったことあるけどまあまあ怖かったな》
《天橋立の事故、小走りで近づいて明らかに押しに行っとるの怖すぎ》
《天橋立で股のぞき、したことあるよ 日本三景 転落の瞬間は怖すぎだろ…》