【この記事の動画を見る】

インドネシアのカリマンタン島(ボルネオ島)で10日朝、川に小さな船を出し、父親と釣りをしていた男児(10)がワニに襲われて死亡した。襲撃は突然で、父親の目の前で起きたという。インドネシアのニュースメディア『ANTARA News』などが報じた。

中央カリマンタン州西コタワリンギン地区の川で10日午前8時半頃、父親のサスワントさん(Suswanto、41)と一緒に船釣りに来ていたモハメッド・ラマダニ君(Muhammad Ramadani、10)がワニに急襲された。

スワントさんの隣人ビマさん(Bima)によると、親子は釣りを終えた後に船内を片付けて川の水で手を洗っている最中、不運にもモハメッド君がワニに襲われ、水中に引きずり込まれてしまったという。

実はワニが水中から飛び出してくる直前、サスワントさんは濁った川の中の“何か”を認識していたものの、当時は「枯れ枝か、切株だろう」と勘違いし、ワニであるとは思いもしなかったようだ。

そうして襲われたモハメッド君は、ワニにくわえられながら10メートル上流まで連れて行かれてしまったそうで、現場にはインドネシア国家捜索救助庁(BASARNAS)のパンカランブーン部隊が駆けつけて捜索が始まった。

同部隊のコーディネーター兼スポークスマンであるヘル・クリスタント氏(Heru Kristanto)は、「捜索には約5時間を要した。地元の人々の協力を受け、船やスピードボートを使用した」と述べており、モハメッド君は最初に襲撃されたところから2メートルほど離れた場所で遺体で発見された。そして捜索隊が遺体を川から慎重に引き上げる様子はカメラが捉え、地元メディアが伝えて拡散した。

ワニは当時、モハメッド君をくわえたままだったようで、当局が数発発砲したところ、男児(遺体)を放したという。モハメッド君の死因は溺死で、ワニに上流まで連れて行かれた際に死亡したとみられており、遺体はすでに家族に引き渡されている。

なおこの事故を受け、地元の人々は「ワニはきっと、別の獲物を捕食したばかりだったに違いない」「とにかく遺体が見つかって良かった」「川ではワニに気を付けなくてはならないね」「なぜ多くの犠牲者が出ているのに、ワニは放置されているのだろう。なんとかすべきだ」などと語り、恐怖に震えているという。

ちなみに昨年2月には、ワニが多数生息することで知られる米フロリダ州の湖で、犬を散歩中の85歳の女性がワニに襲われ死亡していた。事故直前の映像はYouTubeチャンネル『Inside Edition』が公開し、衝撃が広がった。

画像は『Need To Know 「Boy, 10, killed by crocodile while fishing at river after dad mistook it for tree stump」(Picture: Jam Press)』『New York Post 「Video accidentally captures deadly ‘shark attack’ on Mexico vacation」(Jam Press Vid)』『India Today 「Caught on camera: Crocodile drags Odisha woman into river, kills her」』『Malay Mail 「Kinabatangan police fire 12 shots at croc before reptile frees what’s left of victim」(Picture from social media)』『Mr Trendiest YouTube「Unbelievable Saltwater Crocodile Caught on Camera Stealing Pet Dog from Beach」』『Inside Edition YouTube「911 Call Reveals Moments After Gator Attacks Elderly Woman」』より
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト